Blog

おおきに!
他にも記事はあるのでゆっくり読んでね。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 緊張を味方につける
  4. 緊張対策「根拠のない大丈夫」の方が意外とうまくいく

緊張対策「根拠のない大丈夫」の方が意外とうまくいく

大丈夫に根拠はいらない!根拠のない大丈夫が緊張を味方にする

どうも、ユースケサンタゴリラです。

16歳でドラムを始め、もう20年になります。

改めて書くとめっちゃ時間経ちましたやん!!

しかしまあ、こんだけやってもライブの不安は消えません。

これまでの小さなことも含め、成功してきた体験は自信を持つための材料にはなりますから、前よりはマシにはなってるはずよ。

「もしアレが起きたらこうすればいい」

「キッカケを間違えても笑顔でいればいい笑」

なんて、経験から裏打ちされる自信というものでしょうか?

これが今回テーマの「根拠がある大丈夫」になります。

逆に「根拠のない大丈夫」もあるよね。

ちなみに「根拠のない大丈夫」のほうが僕には大事で緊張を味方につけるために大きな役割を果たします。

「根拠がある大丈夫だけ」だとヤバい?

僕は「根拠がある大丈夫だけ」だと危ないんすよね。

簡単な例ですと、

・必要なものはすべて用意したから大丈夫

・1ヶ月みっちり練習したから大丈夫

・ばっちり覚えたから大丈夫

十分に安心するには必要なことですね。

それにうまくいってる間は問題ない。

でも、いざ失敗したり、対応しきれないことがあって根拠がグラつくと、逆に大きな不安になり緊張もグッとアップするんですよね。

用意できてないものが来るから、大丈夫なんて言葉はNGになる。

一方で、「根拠のない大丈夫」について。

これ自然に身につけてる人が周りにいますよね。

「大丈夫大丈夫!いけるいける、なんとかなるって」

どこからこの大丈夫が来てるのかと聞いても、まあ返事は根拠のないものやったりします。

この根拠のない大丈夫さんは、うまくいかなくても自信は揺らがないし不安にもなりにくいやろね。

そもそも根拠がないから、揺らぎようがないしね・・・。

うまくいかないならやり方を変えよう

それでもうまくいかないなら自分には向いてないわ、やめよ。

ミスっても自分を責めずに、それを踏まえて次をどうするかを考えられる。

自分に自信がない人からすれば、「根拠のない大丈夫」は、どんなことが起きても自分を前に進めてくれる大事なことになると思うのよね。

だから、これはどういったことを意味してるのかと考えたい!!
(この時点で根拠を求めにいってるのはご愛嬌で・・・)

根拠のない大丈夫を育てるために!

①無意識的に自分を責めるクセを捕まえること。

「根拠のある大丈夫」を求めてしまうのは自分を責めるクセが強いからかもね。それを埋めるために何か根拠を求めてしまう。

うまく埋めれたらええねんけど、けっこうすぐ掘り出させちゃうのよ。しかもわざわざ自分で掘り起こすねんな(笑)なんでやっちゃうのやろね。

「やっぱり自分はダメやなー」とか責め出したら、すぐに蓋をするのではなくて、ただそう思ってると受け止めましょう。

こちらの記事も参考にしてください。

緊張を増やす原因「でもでも病」は危ない!

②大丈夫の使い方を変える!

そもそもの大丈夫の使い方が違うのかも?

「◯◯したから大丈夫」と理由をつける大丈夫ではなく、もっと範囲を広げてみましょう。

・人として生きていて大丈夫!
・ステージ上で何が起きても死にはしない、大丈夫!
・誰も襲っては来ないから大丈夫!

セミナーで冗談まじりにこの話をしますが、僕はけっこう本気で言ってます。

緊張や不安を感じる前に、人前にでると本能的に生命の危機を感じる反応があると思います。

まずはその反応に対して、「大丈夫、ここは安全でっせ」と一声かけてあげるのも、大事なプロセスです。

結局のところ、今のままでも大丈夫なんですよね。

できそうと思った時からできるはず!

できるかどうかに根拠を求めずに、今のままでやってみること。

ただやりたいからやってみることを繰り返しているうちに、意外とできることも分かってきたりするわけ。

「根拠はないけど、そこそこやれるだろうし、何かあってもここまで生きてきたわけやし、大丈夫やろー」

ここまで書いて気づいたんですが、根拠のない大丈夫さんは初めから100点を取ろうとはしてないんでしょうな。

やりたいからただやってみた。

その新鮮な気持ちについていった。

なんだかそんな気がしてきたな。

まとめてみますと!

根拠のない大丈夫に対して、根拠を求める自分には到底マネできないのが分かってきたのが今回の結論でしょうか泣

ただアレクサンダーテクニークのレッスンを続けてきたことで、根拠のない大丈夫は成長しているのは確かです。

根拠があろうが、なかろうが、結局は本番はどうなるかは分からないわけですし。

その時に起きたことに対して、どう反応するか?

どんな行動を選べるか?

自分を観察して情報集めが上手になってきたから、その時に起きたことに反応すればいいやと、大丈夫になってきてるのでしょうね。

この情報集めについてもまた書いてみようと思います。

さて、「大丈夫」と自信をもってステージに立つなら、どっちの大丈夫を使うほうがやりたいような演奏をできるのか?

どっちもあるほうがええけど、どっちよりでいくのか?

このバランス感覚が何が起きても上手に対処できる大きな味方になってくれると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ほなまた!!

ユースケサンタゴリラ 山口裕介USK

【メルマガ登録すると緊張を味方につける冊子をプレゼント!】

メルマガにご登録いただくと<緊張を味方につけるための7つのステップ>のpdf版をプレゼント!
そしてプレゼントを受け取った後は、7日間「緊張を味方につけるためのヒント」が1つずつ届きます。緊張や不安をどう味方につけるかの選択肢を持っておくことで、本番を楽しむための協力なサポートになります。↓のバナーをクリックすると登録ページへ進みます。どんなメールが届くのかも書いてるのでぜひご覧ください。

USKメルマガ

関連記事