Blog

ようこそ!
ゆっくり見ていってね。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 緊張を味方につける
  4. 初心者が人前で緊張する原因と対策〜ドラム初心者さんとのレッスンより〜

初心者が人前で緊張する原因と対策〜ドラム初心者さんとのレッスンより〜

どうも、山口裕介USKです。

今回は仕事を引退後にドラムを習い始めた方がレッスンを受講してくださいました。

昔からやってみたかったことにチャレンジするのは素晴らしいですよね。

今回の相談もっとはやく叩きたい。でもはじめたばかりでレッスンの時に緊張して体が思うように動かない。

どうやったらもっと動きやすくなるか知りたい。

自分の先生の前で叩くの想像しただけで緊張するから気持ちわかりますね。そんな相談について今回はこんな提案になりました。

初心者でも身体の動きや使い方を知ることが大事!

本題に入る前に、レッスンに来ていただく方と話をしていると、「アレクサンダーのレッスンは初心者だからまだ早いと思ってました。」と言われたりします。

たしかに経験が増えるにつれて、初心者の頃よりは気がつくことも多いし、変化も多くはなります。でも人それぞれですし、いつからでも来てもらっていいのです。

それに初心者とはいえ今回は人生の大先輩。

僕よりも多くの様々な経験をされているし、身体のことは生まれてからずっと使ってるので初心者ではないですよね。

初めての時ほど思い込みが身体に左右しやすいものです。

例えばドラムなら、

  • 力強い
  • 体力勝負
  • 激しくダイナミック
  • どっしりしてる

もしこういった思い込みがあって、最初から力強くダイナミックにやろうとするとどうでしょうね?

まあ、スポーツ界のスターとか体力仕事をずっとしてきた方なら大丈夫かもしれへんけど。

アレクサンダーテクニークのレッスンでは、考えが身体に影響することを大事にしてます。無意識の思い込みで無理して痛めてしまう前に、無理のない身体の使い方で余計な癖がつかない方をオススメですね。

身体のことだけを学んだだけではうまくいかない。

アレクサンダーテクニークレッスンの軸でもある「身体の全体性と頭と脊椎」の話と腕の使い方をレクチャーをした上で、もう一度叩いてもらうと少し改善は見られました。

ただもうちょっと行けそうな気がする、そんな直感が来ましたので、今回の演奏の中でどんな考えを持っているのか時間をとってみました。

話を聞く中で、「初めたばかりなんで、まだわかってないので」という類の言葉が何度か聞こえてきました。

この「初心者」というキーワードに関する会話の時は、すこし申し訳なさそうに?背中を丸める?ちょっと恥ずかしそう?そんな動作をされるのに気づきました。

この「初心者」の言葉に引っ張られていると身体は動きづらくなる姿勢になってしまいます。

このままでは人前で演奏するのは不利な状況なのでさらに緊張しますね。

「あともう少しいけるんじゃないか?」という僕の直感はこのキーワードをキッカケに前進することができました。

身体のことだけで終わるのではなく、いま演奏する時の考え方も同時に理解していくことが大事ですね。

いまできることに意識を向けることで解決策が見つかる!

「初心者だから、まだよくわかってない」といったキーワードが身体を動きにくくさせちゃってたわけですよね。

初心者が緊張する理由の1つは、自分を最初から過小評価することです。

初心者でも練習した分はできるのよね。過小評価することでそれさえもできずに発表会とか終わってしまうのはもったいないやん!

なので、この初心者ワードがよぎるのをどうにか外したいわけです。

今回の脱初心者の作戦は!?

やろうとしてることがドラムとして考えるから初心者が出てしまうよね。

だからただの「身体の体操」として考えていくことにしました。

<速く叩く→両手を交互に振る>

これだけ、めっちゃ簡単にしてみた。

腕の筋肉は背中側にもつながってるから胴体も揺らしていい。

「木の棒を持って胴体も揺れていいと思いながら両手を振る。」

すごく単純なプランですな。

いまできること、必要なことだけの行動プランを自分に声をかけながらやってもらうこと。

これで初心者キーワードに引っ張られることなく、いまやることだけに集中できました。

このプロセスの中で大事にしていたのは、からだの全身のつながりと動きです。

自分に制限をかけるキーワードがあると、全身のつながりがうまくいかないもんなんです。

そこから外れるプランを見つけることで、スーッと動き出せます。

初心者だから緊張してしまうのもわかるけど、考え方や取り組み方でもうちょっと前進できるもんですね。

自分は初心者だけど、「やれるところまではやれる!」

そうやって声をかけて演奏することで緊張はちょうどいいくらいにほぐされていきますよ♪

最後まで読んでいただきありがとうございます。

山口裕介  USK

関連記事

検索