Blog

ようこそ!
ゆっくり見ていってね。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 緊張を味方につける
  4. 緊張を増やす原因「でもでも病」は危ない!

緊張を増やす原因「でもでも病」は危ない!

どうも、 USKユースケサンタゴリラです。

ある日のサックス奏者とのアレクサンダーテクニークレッスンでのこと。

もっと音を響かせたいというのがレッスンテーマ。

レッスンでは動きを見させてもらうためにまず生徒さんなりに演奏してもらいます。

動きの観察をして、見えたことを提案しました。

その場で音色も良くなり、響きも僕が聞いても分かりました。

生徒さんの口からは、

「息は通りやすくなりました。でも・・・もっと響きが・・・」

さてここで待った!!をかけました。

まず息は通りやすくなったのを自分でも気づいています。

しかしここで!

「でも・・・」という言葉を使った瞬間にうまくいった体験を手放したように感じました。

でもでも病は危ない

この気持ちはすごく分かります。
僕もドラムの練習で同じような経験がよくあるんです。

練習では学んだ知識を工夫して使っているので、1つずつ観察すれば音色やスピードアップはしてるんですが、

でも・・・

「スピード上げてもまだ足りない」
「音楽的にどうなのかな?」
「こんなことやってる意味あるかな?」
「もっと他にもやらなあかんことある」
「あの人みたいにまだできてない」

「でも・・・」と言ってしまう。

さっき出来たことに対してスルっと手放す傾向があります。

最初に望んで初めたスピードアップの練習でテンポ10も上がればそれで充分進んでますよね。

でもまだ足りない・・・。

もしこういった理由で「でも」を使っているとすると、それは本番での思わぬ緊張を作りやすくなります。

「でも・・・」を使う理由はどんなこと??

「でも」は向上心から来るかもしれません。

ネガティブと言えばそうとも受け取れなくもない。

「でも・・・」の後に続く言葉に、「~しなきゃ」が隠れてそうですね。

ただどんな理由にしろ目標を達成した、目標に近づいたという事実はあるわけですよね。

ポジティブネガティブでなく、事実は事実!

「でも・・・~しなきゃ」を使われる方に、レッスンで何度も出会ってきました。

【自分は成長した、うまくなっている】なんて、先生の前では言っちゃいけないなんて思ってるかも!?

「お前はまだまだやのに、現状に満足するな!」と言われるとか思っていたりするのかも?

少なくとも僕は先生の前では言えないタイプです。

このタイプの方がこれから必要とするのは、少しでも自分が前に進んでいることに気づける力を磨くこと

でもでも病から脱出するために

僕はこの【気づく力】を伝えるのが、教師の仕事の1つだと思います。

自分で上達している、成長していると感じられる力がすごく大事です。

先生は生徒さんには上手くなって欲しいし、現状で満足されても困るとはある意味感じるかもしれません。

でも、音楽をしている人で現状に満足するなんてほぼありえないので放っておいても大丈夫ですよ。

もっと上手くなりたいって思うのは人間の自動システムです!

そこで教師はできたことを見つけては、「どうやった?」って聞いてあげること。

これは1人で練習する時も同じ!

成長したならその都度、「上手くいってたよ」と伝えること。

そうすることで「今できたんだ」と、生徒さん自身で気づく力をつけること。

この力が身に付いてくると、

「でも・・・~しなきゃ」

「次はなんだろう?次はどうしようかな?」

「あれしてみよう!」

「~したい」

と、でも→したいに変わってきます。

本当の成長はしたいという「望み」から生まれてきます。

練習の中で見つけていきたいのは、

毎回成長できていること!!

それを自分で気づくこと。

そして「じゃあ次はあれしたいなー」と自然と思えるように!

そうやって自分自身で成長していると実感することを

積極的に取り組めるようになってもらいたい。

これが僕がレッスンを通してサポートしていきたいことです。

山口裕介USK ユースケサンタゴリラ

【緊張を味方につける冊子をプレゼント!!】

メルマガにご登録いただくと<緊張を味方につけるための7つのステップ>のpdf版をプレゼント!
そしてプレゼントを受け取った後は、7日間「緊張を味方につけるためのヒント」が1つずつ届きます。緊張や不安をどう味方につけるかの選択肢を持っておくことで、本番を楽しむための協力なサポートになります。↓のバナーをクリックすると登録ページへ進みます。どんなメールが届くのかも書いてるのでぜひご覧ください。

関連記事

検索