緊張を味方につける

本番前の「どうしよう」は行動を変えることで対処できる

どうも、山口裕介ユースケサンタ・ゴリラです。

僕はBODYCHANCEというアレクサンダーテクニークの学校の教師と運営をやっています。

教師を育てるプロコースを教えたりと日々ミュージシャン達にレッスンをしています。

ある日、卒業をした教師対象のクラスを担当することになりました。

全員教師のクラスはさすがに怖気付きます。

これはなかなかの試練です。

僕とは異なる分野の指導者に対してのレッスンはすごく楽しめます。

同業者でしかも同じ学校を卒業している先生達だとなんか怖い。

ちゃんと教えられてるかなど見られてそうですよね・・・。

僕は緊張を見せないようにするので(でも付き合い長い人にはすぐバレる)余計に緊張します。

レッスンが始まる前は色んな声が聞こえてきます。

・ちゃんと教えられるのかな
・つまらないと思われたらどうしよう
・先輩なのにレベルの低い事を言ってるなと思われたら
・あっと思わせるような良い話をしてやろう
・かっこいいとこ見せたい

これぜんぶ自分の声なんですよね。

この刺激的な状況に対して僕は次の反応をしました。

どんな反応してるかに気づいているか

不安な状況になるとすぐに心の声が始まります。

このままではうまくできない。

そこで次のことを考えました。

<心の声に気づいてるなら次の行動は選べること>

心の中で「ちゃんと教えられるのかな?」と声をかけてきたことに気づけば、次にどうするか?

ここに選択の余地があります。

が浮かんできた選択

僕の場合だと次の選択肢が浮かびました。

  1. 心の声に返事をする。
    心の会話を続けることですね。
    「えー、どうしよう。教えられなかったら・・・」
  2. 心の声を聞き過ぎずに「はい」と軽く返事をしといて行動を変える。
  3. 教えることをやめて休講にする

3はハードな選択ですが、こういう選択肢があると思うことで安心はします。

実際に選んだのは2です。

心の声は不安や怖い状況が来ればすぐさま出てくるクセみたいな言葉です。

長年やってきた心の会話なので、これを消そうと努力はすごくエネルギーを使います。

本当にエネルギーを注ぎたいのはこれではないですね

「今ここに集まってくれてる先生のためにどんなことをしたいか?」

今いる場所に意識を戻すことが最優先ですね。

未来や過去の情報を集めるのでなく、今ある情報を集めることからスタートしました。

ここまで来たら次はどんな行動するか

まず不安や怖いなということに意識が引っ張られていると今やってることさえ見えなくなります。

・視野を狭くしていたり
・息を浅くしていたり
・肩が上がってたり
・膝が固まってたり

これでは人に何かを教えるどころか立ってるのさえ、いつもより大変ですね。

そこで1つずつ解決していきます。

  • 視野を狭くしてるのに気づいたので、部屋全体を見渡して参加者も見てみる
  • 膝を固めていたので、股関節や足首を動けるようにしておくこと
  • 呼吸エクササイズをバレないようにする
    関連記事:緊張がほぐれる「スマイル深呼吸」のススメ

身体の緊張は自分の思考のクセ、緊張した時の身体のクセをしっていると対処できます。

身体が動きやすくなってきたら声も出しやすくなります。

そうして身体の面倒を見ていると「どうしよう」はおさまり「じゃあ今回のレッスンは何をしようかな」とやりたいことにフォーカスできました。

自分に必死だったら教えられるものも出てきません。

演奏も同じですね

自分が一番、動ける状態であること。

だからやりたいように演奏できます。

「緊張している時の自分の身体がどうなっているかに気づくこと」

「身体を動きやすくする方法を持っておくこと」

まずこの2つさえあれば緊張してもすぐに対処できるので、かなり安心できますよ。

考え方をどれだけ変えても緊張はとれない時があります。

どうしても緊張するのを減らしたければ、普段と行動を変えること

緊張する時にやってしまうクセのような動き方を変えることはできます。

身体のことを学んで動きやすくする方法を知っておくと便利です。

だから今後は身体のことも少しずつお届けしていきますね。

こんなのをTwitterでは流してます。ちょっとずつでも身体のことを知ってもらえるかなと試行錯誤してます♪


いつも最後まで読んでいただいてありがとうございます。

ほなまた!

山口裕介 USK ユースケサンタ・ゴリラ

USKメルマガ

ピックアップ記事

  1. <緊張対策>ほんまにソレやらなあかんの?
  2. 「緊張してる時こそリスクを犯せ」ミスるなら前向きなミスをしよう!
  3. ダメ出しをしながらの「ながら演奏」はおやめください。
  4. 脳科学から緊張対策「幸せホルモンってほんま幸せ」
  5. 「やりすぎセンサー」正常ですか?休めない人は緊張しやすくなる!?

関連記事

  1. 緊張を味方につける

    想定外を想定内にしておくこと!

    どうも、山口裕介ことユースケサンタゴリラです。先週のお話ですが…

  2. 緊張を味方につける

    本番前の緊張を和らげるためにやってる3つのこと

    どうも、ユースケサンタゴリラこと山口裕介 USKです。今日はち…

  3. 緊張を味方につける

    「あるもの・ないもの探し」でモチベーションアップできる!

    どうも、アレクサンダーティーチャーのユースケサンタゴリラこと山口裕介で…

  4. 緊張を味方につける

    みんなが認める正解ではなく自分の正解を見つける

    どうも、ユースケサンタゴリラです。シンガポールより2回目の投稿…

  5. ミュージシャンの心構え

    周りが上手な人ばかりで緊張する!自分を尊重するための対策

    デキる人が周りに沢山いて自信がなくなるどうも、ユースケサンタゴリラ…

  6. ミュージシャンの心構え

    「ちゃんと」せんでもベストは出せる!?

    どうも、ユースケサンタゴリラです。「ちゃんとして!」と言った事…

登録すると緊張冊子プレゼント!

USKメルマガ

プロミュージシャンの声

新いがっちょ 新たなしん 新ひろしくん

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 脳科学から緊張対策「幸せホルモンってほんま幸せ」
  2. 最高の演奏をしたいなら緊張したほうがめっちゃお得な理由♪
  3. 緊張は味方!脳科学から見えてくる残念なお知らせ

ARCHIVE

  1. news

    11/11 関西打楽器協会が主催する大イベント「1日遊べる!どらむPARK」で講…
  2. news

    12/2 管楽器奏者のための演奏能力アップ講座 ~カラダのレシピ実践編~
  3. 緊張を味方につける

    「ミスしても良いよ」のアドバイスではうまくいかんのです
  4. news

    2018年の緊張対策セミナーはパワーアップします!
  5. カラダのレシピ

    解決法を探す前に自分のパターンを知ることがスタート
PAGE TOP