緊張を味方につける

みんなが認める正解ではなく自分の正解を見つける

どうも、ユースケサンタゴリラです。

シンガポールより2回目の投稿です。
どんな練習が自分に合っているか知っていますか?

  • 何をすれば上手くなれるのか?
  • 今の練習で本当に上手くなれるのか?

音楽を続けていく中で、向き合っていくことだと思います。

練習方法は今ではネットで何でも調べられますよね。

情報が山ほどあります。

でも調べれば調べるほど、やることが増えていくように思います。

  • プロは○時間練習をしている。
  • 上手い人は○○の練習を欠かさずしている。
  • アマチュアがやるのは○○だ。
  • ○○のやり方は間違っている

こんな情報を見たら自分がやってるやり方に疑問を持ったりしませんか?

何が正しいのか?

どれが正解なのか?

その思考が始まれば、何から手をつけていいか動けなくなります。

みんなが認める正解を探すのではなく、自分のしたいことが何なのか?

これはネットでは見つかりにくいです。

自分の正解を見つけていく!

みんなが認める正解じゃなくて、自分にとっての正解を見つける。

その為には、実験、実験、実験!

とにかく動いてみること!

色々試して、実験して、失敗もして、その中でどれが自分に合うのか?

何が正解ではなく、何が本当なのか?

これを見つけていく過程が必要です。

自分のやりたいことは動いて試して判断していくことです。

何もやらないまま、探し続ける方が遠回りになるかもしれません。
考えるだけではなく、

考えと行動を一緒に行うこと。
そうするうちに自分だけのやり方を見つけていくことができます。

ただ闇雲に練習してたら身体を壊す危険があります。

目標をしっかり定める!

小さな一歩に取り組む

演奏するたびに今はどうだったか振り返る

目標にさっきより近づいているか確認する

近づいていたらしっかりお祝いする
こうやって成長や成功がしっかり分かる状況を作ることです。

ちゃんと目標へ進んでいるのがわかるやり方を作るのもミュージシャンの仕事です。

ちょっとずつでも進んでいることを理解していくことで、何が自分に合うやり方なのかを見つけることができます。

情報集めも大事なことです。

でも、実践の中で動きながら考えていく。

【動き+考える】

これは切り離さず合わせていくことを考えてみてはどうでしょうか?

今日も最後までありがとうございます。

シンガポールはええとこですね!

ほなまた!

山口裕介 USK ユースケサンタ・ゴリラ

ピックアップ記事

  1. 動かし方のプロセスを意識すること!〜名古屋セミナー体験者の声〜
  2. 周りの評価が気になる!この思考パターンを静めよう
  3. ストレスのある目標設定は緊張を生みやすくする
  4. 眼の使い方で緊張は解消できる!知っておくと便利な2つの使い方
  5. 「集中力がない?!」集中力の誤解を解く

関連記事

  1. 緊張を味方につける

    ストレスのある目標設定は緊張を生みやすくする

    どうも、山口裕介USKユースケサンタゴリラです。このブログはア…

  2. 緊張を味方につける

    緊張のタネ探し「みんな頑張ってる」はホンマかいな!?

    どうも、山口裕介USKことユースケサンタゴリラです。(名前多いわ、…

  3. 緊張を味方につける

    想定外を想定内にしておくこと!

    どうも、山口裕介ことユースケサンタゴリラです。先週のお話ですが…

  4. 緊張を味方につける

    ダメ出しをしながらの「ながら演奏」はおやめください。

    どうも、山口裕介・ユースケサンタゴリラです。今回は、先日の緊張…

  5. 緊張を味方につける

    ダメなところは限定品!?無理に改善しなくていいんです。

    どうも、アレクサンダーテクニーク教師のユースケサンタゴリラこと山口裕介…

  6. 緊張を味方につける

    緊張対策!自信を高める「考える練習」と2つの大事なポイント!

    どうも、ユースケサンタゴリラこと山口裕介です。さてさてみなさま…

登録すると緊張冊子プレゼント!

USKメルマガ

プロミュージシャンの声

新いがっちょ 新たなしん 新ひろしくん

最近の記事

ARCHIVE

  1. ミュージシャンの心構え

    ライブの流れを崩したくないドラマーへ!苦手フレーズのおすすめ練習法
  2. 日記

    すべらないドラム話 Vol.4
  3. news

    12/1 
ドラマーのための演奏能力アップ講座 in東京 〜体験談〜
  4. レッスン体験談

    「具体的なイメージを持つ」ことと「それを実現するためにプランを試す」こと!
  5. 日記

    ハワイ旅行満喫でした。
PAGE TOP