プロドラマーとのレッスン

ちょっと意識する事で人は変われるんだって事を、悩んでるドラマーのみんなに知ってほしい!

<ROTTENGRAFFTY HIROSHIさんのレッスン体験談>

始まりはEGG BRAINドラムのうっち-から話しを聞いて、凄く興味がでて受けてみたいと思いアレクサンダーテクニック教師のUSK氏にドラム講座してもらいました。

こういう講座は自分は初めて。

アレクサンダーテクニックってみんなもあまり聞いた事が無いと思う。

俺もUSKと会って初めて聞いたもん。

まぁ~簡単に言えば、ドラゴンボールで言う最長老様みたいな感じかな。

まだまだ自分の未知のパワー(叩き方)を(こうしたら、と)引き出してくれる先生!

IMG_0236

あと、自分が悩んでるドラムの事を言うと、じゃあ1回やってみてってUSKは言ってくれて、叩いてる俺を見て、あ~そうか、じゃあ。と、身体の仕組みを順序良く分かりやすく教えてくれて、これで叩いたらってな感じで。

 

正直自分ではわからなかったけど、一緒に来ていたドラマー友達は音の違いにビックリしてた!でも、自分でも何かいつもと感じが違うけど、落ち着いて気持ちよく叩けてるような気がした。

 

皆から音が変わった!って言われたけど自分では正直分からんかった。でも、他の人達が叩くのを見て、USK氏にアドバイスを受ける前に叩くのと、受けた後に叩く音の音量、足のブレなさ、リズム感が全然違う‼

 

自分では、力まず落ち着いてやってるつもりでも、まだまだヒヨッコってのが思いしらされました…ってか、いつも力んでますけどね…

人間の癖って年をとれば中々直らないって言うけど、自分が知るのと、知らないのでは全然違うからね。

 

レッスンを受けてみての発見は人間の身体の仕組みはあまり意識せずに、ちょっと思う事で自分が変われるってのがわかったところ。

実際に学んだことの1つで、演奏中に周りを見る事で音も変わるし、何より気持ちに余裕が出来た。

アレクサンダーテクニークは、ドラムだけじゃなく音楽でまだまだ使える。

 

未知の世界を持っているので、USKに教わった事を忘れず音楽を楽しく音合わせしていきたいです。

 

どんな音楽でも、ドラムは大黒柱。

だからこそ一番頑張らないといけないし、みんなの支えにもならないといけない打楽器。

勿論自分の技術も上げないといけないし、何より気持ちにも余裕を持たないといけない。

ちょっと意識する事で人は変われるんだって事を、悩んでるドラマーのみんなに知ってほしい。

ほんと勉強になったし、これからも勉強したいと思いました!これからも長いお付き合い宜しくです‼

IMG_7125.JPG

【ROTTENGRAFFTY公式ホームページへ】

ピックアップ記事

  1. 学研おんがく通信8月号から「緊張解消!ワンポイントレッスン」の連載スタート!
  2. 眼の使い方で緊張は解消できる!知っておくと便利な2つの使い方
  3. 緊張対策!自信を高める「考える練習」と2つの大事なポイント!
  4. 「緊張してる時こそリスクを犯せ」ミスるなら前向きなミスをしよう!
  5. パフォーマンスを上げるためには緊張を理解すること!

関連記事

  1. レッスン体験談

    PAN よこしんの体験談

    <PAN よこしんの体験談>ドラム講座受けてき…

  2. news

    12/2 管楽器奏者のための演奏能力アップ講座 〜体験談〜

    12月1日と2日で東京でアレクサンダーテクニーク講座を開催!!…

  3. news

    三重県桑名西高校吹奏楽部でのアレクサンダーテクニーク講座

    3月8日(土)は三重県桑名西高校の吹奏楽部でアレクサンダーテクニークの…

  4. レッスン体験談

    動かし方のプロセスを意識すること!〜名古屋セミナー体験者の声〜

    どうも、アレクサンダーテクニーク教師のユースケサンタゴリラこと山口裕介…

  5. news

    10/13 
≪音楽家向け入門講座≫ 演奏能力アップと不調脱出のための講座 ~体験談~

    10/13(土)にBODYCHANCE大阪スタジオで音楽家向けの講座を…

登録すると緊張冊子プレゼント!

USKメルマガ

プロミュージシャンの声

新いがっちょ 新たなしん 新ひろしくん

最近の記事

ARCHIVE

  1. news

    ラルフロールとアレクサンダーテクニークレッスンが実現!
  2. news

    ドラマーの為のボディシンキング入門編 第3回更新
  3. ドラム&アレクサンダーテクニーク

    BALZAC TAKAYUKIさんのレッスン体験談
  4. 緊張を味方につける

    緊張のタネ探し「みんな頑張ってる」はホンマかいな!?
  5. 緊張を味方につける

    緊張対策「根拠のない大丈夫」の方が意外とうまくいく
PAGE TOP