カラダのレシピ

頭を振るドラマー必見!カラダの誤解があるとパフォーマンスが落ちるので要注意!

どうも、ドラム・アレクサンダーテクニーク教師の山口裕介 USKです。

頭を振りながら叩くドラマー。
よく見かけますよね。

僕は振ると叩けなくなるので正直羨ましくもあります。

でも頭を振るなら動かせる部分から動かしているか?

もし違っているならパフォーマンスが落ちるので要注意!

なぜかという前に実際に頭が動ける部分はどこにあるのか?

基本的なことを書いてみます。

頭と出会う背骨のてっぺんはどこ?

「背骨の一番上ってどのへんにある?」

のど仏の奥?
あごの奥?
口の奥?
鼻の奥?
目の奥?

ここだと思う場所を指差してみてください。

思い込みと身体の事実がズレているかをチェックします!

これは前回の記事でお伝えした大事なポイントですね。
力んだ時や緊張で固くなった時のためにまずこれだけは知っておこう!

ここを理解することで動きがスムーズになる一歩目です。なのでどこに頭が乗っているかを知っておくことは大切なんです。

そして頭と背骨が出会う場所は関節になって動けるようになっています。

その名も環椎後頭関節(かんついこうとうかんせつ)

一番上の背骨が輪っかになって見えるので環椎です。

この関節が背骨の一番上で
頭の底と出会う場所です。

絵で見てみましょう

ここです!
t02200289_0504066312040833864

t02200316_0343049212040833867

t02200387_0350061612040833866

t02200193_0575050412040838485

 

※Wikipediaより

この絵を見て、最初の質問で指をさした場所と比べてどうでしたか?

・思ってたより下にあった?
・思った通りだった?
・思ってたより上にあった?

目印として鼻の下あたりから
両耳を結んだあたりですね。

ということで、
頭が最初に動く場所はここ!!

動きの違いを比べてみよう

簡単な動きの実験してみます。

  1. のどの奥に頭が乗ってると思って
    ゆっくり左右を振り返る。

  2. 眉間の奥に頭が乗ってると思って
    ゆっくり左右を振り返る。

  3. 鼻の奥に頭が乗ってると思って
    ゆっくり左右を振り返る。

動きやすいのは何番でしたか?

3が実際の関節の部分ですが、どれが動きやすかったでしょうか?

個人差があるので絶対はありません。

ただ事実として3が動ける場所で動いていると言えます。

話しは戻り頭を振るドラマーへ

以上のことをふまえて頭を振って叩く時は覚えておこう!

首の後ろにあるぽこっと触れる骨ありますよね?

頭振る時にこの辺から振ってると痛めるしヘルニアにもなりかねない。

ましてや前回記事で言ったように、身体が動きづらく制限されるのでパフォーマンスは落ちやすいです。

振るなら本来の場所から下へ向かって順番に動くように考えてみてください。

ジャバラが上から順に倒れていくイメージ!
img62067894

鳩みたいな首の動きも同じで注意!

やってはいけないのではなく、どう取り組むのかなんです。

知らないうちに痛めて原因が分からないのが大変なんですよ。

ドラマーにはケガして欲しくないし、ずっと楽しく叩いてて欲しいですからね。

やみくもに振るのではなく、上から順に倒れていくように振る!

ちょっと思うだけでいいので意識してからやってみてください。

痛みのない健康でずっと楽しく演奏できるドラマーになりましょう!

ピックアップ記事

  1. 緊張は味方!脳科学から見えてくる残念なお知らせ
  2. 苦手な音が出にくい理由はブレスの後の一瞬の動きでした
  3. 緊張のタネ探し「みんな頑張ってる」はホンマかいな!?
  4. 自信がないし緊張する!?自分を信頼するための大事な選択
  5. 「ミスしても良いよ」のアドバイスではうまくいかんのです

関連記事

  1. カラダのレシピ

    眼の使い方で緊張は解消できる!知っておくと便利な2つの使い方

    どうも、山口裕介・ユースケサンタゴリラです。今日の緊張を味方につけ…

  2. カラダのレシピ

    力みの原因を知るための2つの質問!

    力を抜きたい時って力を抜こうとすることを努力していないでしょうか?…

  3. カラダのレシピ

    解決法を探す前に自分のパターンを知ることがスタート

    アメブロで書いていた記事をリニューアルして再アップ!ROTTENG…

  4. カラダのレシピ

    腕の動き良くなると胴体までつながり、響きや音量がグンと良くなる!@PANよこしんとのレッスン

    先日開催した第10回ドラムアレクサンダーテクニーク講座での、PANよこ…

  5. カラダのレシピ

    ドラマーなら知っておきたいカラダのこと 「動きやすくなるコツ」

    2015年度は山口裕介USKのドラム専門アレクサンダーテクニークの活動…

  6. カラダのレシピ

    姿勢に責任をとらせるのをやめることで問題は解決へ向かう

    どうも、山口裕介ことユースケサンタゴリラです。シンガポールでの…

登録すると緊張冊子プレゼント!

USKメルマガ

プロミュージシャンの声

新いがっちょ 新たなしん 新ひろしくん

最近の記事

ARCHIVE

  1. カラダのレシピ

    眼の使い方で緊張は解消できる!知っておくと便利な2つの使い方
  2. ミュージシャンの心構え

    これで安心!「でもでも病」の対処法
  3. 脳科学から考える

    最高の演奏をしたいなら緊張したほうがめっちゃお得な理由♪
  4. 日記

    偉人ドラマー
  5. 緊張を味方につける

    ストレスのある目標設定は緊張を生みやすくする
PAGE TOP