レッスン体験談

身体の扱い方次第で、もっと上手くなれる可能性がまだまだ秘められてる

今回は、メディアでも話題のアーティストの作詞を手がけたり、シンガーとしても活躍するS-KEY-Aさんの体験談をご紹介させてもらいます。
歌に活かすだけでなく、ヴォイストレーナーとしてもアレクサンダーテクニークで学び身につけたことを、すぐに実践して次のレッスンには理解を深めてくるスキアさん。
僕も次のレッスンではどんなことをテーマに持って来てくれるか楽しみにしてます。

 

1.レッスンを受けようと思ったのはどんな理由ですか?

“アレクサンダー・テクニーク”と言う言葉を以前聞いたことがあり、海外のものだと思っていたのですが、たまたま三木楽器の講師向けのレッスンが受けれると言うことで受けたことがきっかけでした。

シンガーとしては、それなりに長くやってきているけどまだ緊張と上手く付き合えていないことが一番大きかったかもしれません。

ヴォイストレーナーとしてはまだ講師歴が浅いこともあり、指導に少しでも役に立てばいいなという思いがありました。

 

2.レッスンを受けてみて、どんな発見があり何があなたにとって良かったと思いますか?

発見はありすぎるのですが(笑)

その中でも、緊張が起こる理由を知って、緊張することが悪いことではなく、身体の正常な反応ということを理解できたことかな。

あとは、身体のほんのささいな動きで出る声が全く変わると言うこともいい発見でした。

ヴォイストレーナーになってから、「先生なんだから下手になってはいけない」と思いながら歌の練習をしていた時期があって、でもアレクサンダーレッスンを受けたことで、「自分には身体の扱い方次第で、もっと上手くなれる可能性がまだまだ秘められてる」ということを実感できたのはいい発見で、すごく嬉しいことでした。

3.実際に学んだことを使ってみて、どのような効果がありましたか?

ステージで緊張しなくなりました。最近ですが。

あと、客観的に観察できるようになりました。

生徒さんにも私なりのアレクサンダー・テクニークを使った教え方をすることで、声が出しやすくなったり、発表会でとてもいいステージができていたのがとても嬉しかったです。

生徒さんに教えて生徒さんの声が変わるたびに、「アレクサンダー効果すごい!!」と毎回驚きながら教えています(笑)

4.今後どのように活かしたいですか?

今後も自分自身のステージに活かしていきたいです。これからの自分のステージが楽しみです☆

あと、レッスンで生徒さんがもっとラクに自由に楽しく歌えるように活かしていきたいです。

5.あなたの体験をどんな人に伝えたいですか?

私の生徒さんにはもちろん、シンガーやミュージシャン仲間にも伝えていきたいです。

実際に周りの友達で興味を持ってくれたシンガーやダンサー、ミュージシャンと体験レッスンを受けたりしたのですが、みんな何かしら持って帰ってくれたかなと思っています。

でも、自分がやってみて思ったことは、一度受けただけでは全然アレクサンダー・テクニークって理解できなくて、でもだからこそ毎回発見があって楽しいなと思います。

でも、一度受けるだけでもすごく楽しいと思うので、興味のありそうな人にはどんどん勧めていきたいです♪

 

S-KEY-A(スキア)さん プロフィール

photo1-3
S-KEY-A(スキア) / 中島早紀(なかじま さき)。1985年生まれ、大阪府出身。

Mariah Carey “Emotions”に衝撃を受け、14歳で歌うことを志す。
その後アメリカ留学を経験し、帰国後は首都圏でのライブ活動と並行して楽曲制作を開始。2006年、Nao’ymt(安室奈美恵, 三浦大知 etc.)とのコラボレーションによる「Boom Boom Boom」でiTunesデビュー。R&B/ソウルチャートで3位のスマッシュヒットを飛ばしたのち、U-Key Zone(宏実, 黒木メイサ etc.)プロデュースによる「アイシテル」(2007年)、人気男性R&BシンガーCIMBAにフィーチャーされたT-SKプロデュース「香水 Part.II feat. 宏実, S-key-A」(2009年)など、主にiTunes配信を中心にリリースを続けるかたわら、ヴォイストレーナーとして後進の育成・指導などにも力を入れる。

彼女の透き通る様なクリスタル・ヴォイスは、常に切ない憂いを帯びながらも、何色にも染まらない力強さを感じさせ、R&Bファンだけでなく多くのリスナーを魅了する。等身大のソングライティングにも定評があり、国内では数少ないオーセンティックなシンガーとして、特に女子中高生など若年層からの注目を集めはじめている。

2013年にはEXILEの妹分であるヴォーカルダンスグループFlowerへの作詞提供、そして2014年にメジャーデビューを果たしたアイドルグループGEMへの作詞提供など、作詞家としても活動を開始。

2014年1月29日には、プロデューサーに石井健太郎を迎えた自身初の両A面シングル『I know…/Gift』を発売。

【S-KEY-A Official blog】http://ameblo.jp/skeya-blog/

 

USKメルマガ

ピックアップ記事

  1. 「緊張してる時こそリスクを犯せ」ミスるなら前向きなミスをしよう!
  2. 不安からの情報集めは成長を遅らせてしまう。問題が増える前に考えてみてほしいこと
  3. Q「リハと本番の感覚が変わって良い音がでない」A「新鮮な気持ちで臨んではどうです…
  4. 【緊張サヨナラ作戦】お客さんの顔を見ると緊張する人のためのオススメプラン
  5. 1音目の不安とサヨナラ!「パフォーマンスの最大の敵は固定すること」

関連記事

  1. news

    「目から鱗の体験でした」現役プロドラマーとアレクサンダーテクニークレッスン

    今日はドラマー渡邉愛子さんと岩山美香さんとアレクサンダーテクニークレッ…

  2. news

    「個人練習の中でどんどん深めて、広げていけるところが魅力」レッスン体験談

    ドラマー藤岡功気さん僕はドラムをやっているので、椅子の座り方の改善…

  3. レッスン体験談

    3/26(火)ア レクサンダーテクニーク講座 〜石巻高等学校〜

    アレクサンダーテクニーク教師のUSKです。4月から大阪芸大の非…

  4. ドラム&アレクサンダーテクニーク

    BALZAC TAKAYUKIさんのレッスン体験談

    少し時間が経ちましたが、第5回ドラムアレクサンダーテクニークレ…

  5. news

    12/2 管楽器奏者のための演奏能力アップ講座 〜体験談〜

    12月1日と2日で東京でアレクサンダーテクニーク講座を開催!!…

  6. レッスン体験談

    「具体的なイメージを持つ」ことと「それを実現するためにプランを試す」こと!

    今回は大阪が誇るバンド「カルメラ」のドラムいがっちょさんより、…

登録すると緊張冊子プレゼント!

USKメルマガ

プロミュージシャンの声

新いがっちょ 新たなしん 新ひろしくん

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 脳科学から緊張対策「幸せホルモンってほんま幸せ」
  2. 最高の演奏をしたいなら緊張したほうがめっちゃお得な理由♪
  3. 緊張は味方!脳科学から見えてくる残念なお知らせ

ARCHIVE

  1. ドラム&アレクサンダーテクニーク

    第9回ドラムアレクサンダーテクニークレッスン!
  2. 打楽器研究会

    トライアングル立奏とスネアの座奏
  3. 日記

    すべらないドラム話 Vol.8
  4. ライブ活動

    『にしきた音楽祭 LALALAミュージシャンコンテスト決戦大会』
  5. news

    新刊アレクサンダーテクニークの本に記事が掲載されました。
PAGE TOP