レッスンの特徴

 USKドラムレッスンの3つのポイント

  1. 楽に叩ける
  2.  うまくなる
  3.  ドラムがもっと楽しくなる

大切にしたいのは、「音楽を楽しめること」です。
ですが様々な理由で、やりたいことを制限してしまう問題や悩みを持ってしまうものです。

  • 練習しないといけない
  • なかなかうまくならない
  • カラダを痛めてしまう
  • 自信がなくなっていく

こういった悩みや問題は多くのドラマーが抱えています。いくら練習をしても集中できず、効率の悪い方法になって本番で成果が出せない・・・。

私も現役で活動している中でこのような問題と向き合ってきました。アレクサンダーテクニークを学ぶ中で経験したこと、知識や理解を同じような問題で悩む方や、もっとうまくなりたい方へ伝えサポートをいたします。

 うまくなれる実感ともっと音楽を楽しめる方法

まず、知らないうちに身についた癖や習慣、どうしても改善できない緊張や力みに気づくことから始まります。自分でこれはできていると思い込んでしまっていることが原因となり、上達する能力を抑え込んでしまっていることが多くあります。

ではもし、自分が抱えている問題(癖や習慣)の傾向やパターンを知ったとします。

それをやめる方法が分かった場合、どう思いますか?

こうすれば「うまくいく!」と理解できれば、演奏することや練習そのものが楽しくなると思いませんか?

最近の脳科学で立証されているように「楽しむこと」が一番身につきますし、努力していることさえ感じません。

「何を練習すればいいのか?」と、目標がハッキリするので自分に合った練習方法を考えれて効率もよくなり、さらには自分がうまくなっている実感も得られます。

  • 自分ができていると思っていることを見直す
  • 問題(癖や習慣)の傾向やパターンを知る
  • やりたいことと実際にやってしまっていることの違いが分かる
  • 自分に合った効率の良い方法が見つかる
  • うまくなる実感があり、音楽がもっと楽しくなる

人それぞれ問題や悩みは異なります。その問題が解消すること、そして「うまくなること」が音楽の楽しさをもっと引き出してくれることになります。

 ドラムが上達する7つのポイント

  1. 自分の習慣パターンや癖に気づける
  2. カラダを楽に使えて疲れを減らせる
  3. 表現力がどんどんUPする
  4. 効率よく練習できるようになる
  5. 楽器本来の音が出せる
  6. 体全体でリズムを感じれる
  7. カラダの故障・痛みが解消される

 アレクサンダーテクニークは有名人も体験しています

  • キアヌ・リーブス(俳優)
  • ヒラリー・スワンク(俳優、アカデミー主演女優賞)
  • ロビン・ウィリアムズ(俳優、アカデミー助演男優賞) 個人的に大好きな方。
  • ポール・マッカートニー(ミュージシャン)
  • 中谷美紀(俳優)
  • 山口裕介(一般)

俳優さんが多いのは、アレクサンダーさんが舞台俳優だったことが関係しているでしょうね。これが後に様々な分野に広がり、今では音楽・スポーツ以外にビジネス業界まで広がってきています。

そして世界各地にアレクサンダーテクニーク(テクニック)の教師がそれぞれが得意とする分野で様々なレッスンを行っています。ヨーロッパの方では医療としても受け入れられていて、保険が適用される国もあるようです。その他、ジュリアード音楽院、英国王立演劇学校など、芸術の分野で広く取り入れられています。

最近では私が通うBODYCHANCEの仲間でもある、アレクサンダー教師のバジルさんが東京芸大でアレクサンダーテクニーク教師として就任されるなど、音楽業界では今、最も注目されています。

 

登録すると緊張冊子プレゼント!

USKメルマガ

体験者の声

新いがっちょ 新たなしん 新ひろしくん

オススメ記事

  1. ƒhƒ‰ƒ€‚©‚ç‚̖ڐü‡A
  2. スクリーンショット 2015-10-22 11.04.19
  3. ひろしくんバナー
  1. IMG_7126.JPG

    ドラムアレクサンダーテクニーク

    第9回ドラムアレクサンダーテクニークレッスン!
  2. 日記

    すべらないドラム話 Vol.1
  3. 397a464f08a4ebceee640f321e8d8b57_s

    緊張を味方につける

    緊張した時は落ち着けより「大丈夫」のほうが効果的な理由
  4. いがっちょさんバナー

    レッスン体験談

    「具体的なイメージを持つ」ことと「それを実現するためにプランを試す」こと!
  5. 20120517-105849.jpg

    news

    カルメラ合宿とアレクサンダーテクニークレッスン
PAGE TOP