Blog

ありがとう♪
ゆっくり読んでいってね。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 緊張を味方につける
  4. 緊張を理解するだけでパフォーマンスが格段に上がる!

緊張を理解するだけでパフォーマンスが格段に上がる!

どうも、アレクサンダーテクニーク教師の山口裕介USKです。

緊張は敵なのか味方なのか?

良いのか悪いのか?

いるのか、いらないのか?

それは時と場合によって、タイミング、量によって変わってくるけど、まあ細かいことは今日は置いといて。。。

緊張は英語にするとテンションとも言います。

「調子悪いなー」

「今日はなんだかなー」

「ノリが出ないなー」

そんな時に、

「よし!テンション上げてこー!」

そんな言葉を使ったり、使う人をよく見かけるよね。

緊張上げてこー!

言うてますやん。

「なんでやねん、どっちやねん!」

って確実にツッコむとこやん。

押すなよ!言うて押すやつやん。

僕らは緊張はしたくない、減らしたいと思ってる中で、何気にテンションは上げてこ言うてるねん。

そう!

緊張は必要だとどっかで感じてるわけよ。

緊張は敵か味方か、良いか悪いかの判断はまだ置いといて、言えるのは意外と必要としてるんちゃう?ということ。

じゃあ減らしたい、なくしたいと思ってるのは何??

僕らは何でもまとめて話がちなのね。

何があったから緊張してると判断したか?

そこを具体的に考えないから、緊張してると得体の知らないものを恐れることになるのよね。

ただ手が震えてる

ただドキドキしてる

それくらいかもしれへんねん。

それを緊張や、最悪や!

曖昧に評価しちゃうから頭は混乱するんやわ。

と、まあ言いたいことは沢山あるから次回に持ち越しとして。

まずは緊張は敵か味方かは置いといて、必要なものなんやと思うことにしてみて!!

ハーバード大学の研究でも、緊張は自分に必要やものやと思うだけでパフォーマンスが上がると研究結果出てるくらいやし。

だから緊張は必要!!

ということにして、

今日から緊張は上げてこー!!

ほなまた!!

ユースケサンタゴリラ 山口裕介USK

関連記事

検索