緊張を味方につける

パフォーマンスを上げるためには緊張を理解すること!

どうも、アレクサンダーテクニーク教師の山口裕介USKです。

緊張は敵なのか味方なのか?

良いのか悪いのか?

いるのか、いらないのか?

それは時と場合によって、タイミング、量によって変わってくるけど、まあ細かいことは今日は置いといて。。。

緊張は英語にするとテンションとも言います。

「調子悪いなー」

「今日はなんだかなー」

「ノリが出ないなー」

そんな時に、

「よし!テンション上げてこー!」

そんな言葉を使ったり、使う人をよく見かけるよね。

緊張上げてこー!

言うてますやん。

「なんでやねん、どっちやねん!」

って確実にツッコむとこやん。

押すなよ!言うて押すやつやん。

僕らは緊張はしたくない、減らしたいと思ってる中で、何気にテンションは上げてこ言うてるねん。

そう!

緊張は必要だとどっかで感じてるわけよ。

緊張は敵か味方か、良いか悪いかの判断はまだ置いといて、言えるのは意外と必要としてるんちゃう?ということ。

じゃあ減らしたい、なくしたいと思ってるのは何??

僕らは何でもまとめて話がちなのね。

何があったから緊張してると判断したか?

そこを具体的に考えないから、緊張してると得体の知らないものを恐れることになるのよね。

ただ手が震えてる

ただドキドキしてる

それくらいかもしれへんねん。

それを緊張や、最悪や!

曖昧に評価しちゃうから頭は混乱するんやわ。

と、まあ言いたいことは沢山あるから次回に持ち越しとして。

まずは緊張は敵か味方かは置いといて、必要なものなんやと思うことにしてみて!!

ハーバード大学の研究でも、緊張は自分に必要やものやと思うだけでパフォーマンスが上がると研究結果出てるくらいやし。

だから緊張は必要!!

ということにして、

今日から緊張は上げてこー!!

ほなまた!!

ユースケサンタゴリラ 山口裕介USK

【メルマガ登録すると緊張を味方につける冊子をプレゼント!】

メルマガにご登録いただくと<緊張を味方につけるための7つのステップ>のpdf版をプレゼント!
そしてプレゼントを受け取った後は、7日間「緊張を味方につけるためのヒント」が1つずつ届きます。緊張や不安をどう味方につけるかの選択肢を持っておくことで、本番を楽しむための協力なサポートになります。↓のバナーをクリックすると登録ページへ進みます。どんなメールが届くのかも書いてるのでぜひご覧ください。

USKメルマガ

 

ピックアップ記事

  1. 緊張のタネ探し「みんな頑張ってる」はホンマかいな!?
  2. 初めての譜面をさらうときはどうやってますか?
  3. ストレスのある目標設定は緊張を生みやすくする
  4. 本番前になると神経質になるあなたへ
  5. 「集中力がない?!」集中力の誤解を解く

関連記事

  1. カラダのレシピ

    知っておきたい!緊張した時の身体の基本的な仕組み

    どうも、山口裕介ユースケサンタゴリラです。ただいまカルメラ合宿…

  2. 緊張を味方につける

    ダメ出しをしながらの「ながら演奏」はおやめください。

    どうも、山口裕介・ユースケサンタゴリラです。今回は、先日の緊張…

  3. 緊張を味方につける

    演奏を始める前にやってほしい大事な環境作りとは!?

    どうも山口裕介USKです。今回は打楽器奏者とのスネアレッスンでの一コ…

  4. 緊張を味方につける

    ダメなところは限定品!?無理に改善しなくていいんです。

    どうも、アレクサンダーテクニーク教師のユースケサンタゴリラこと山口裕介…

  5. 緊張を味方につける

    ​緊張して頭が真っ白!!そんな時の取っておきプラン

    どうも、ユースケサンタゴリラです。ただいまカルメラのサポートライブ…

プロミュージシャンの声

新いがっちょ 新たなしん 新ひろしくん

最近の記事

ARCHIVE

  1. news

    京都大作戦・ロットングラフティーのドラムトレーナーとして参加
  2. news

    9/29 肩こり腰痛サヨナラ講座 〜体験談〜
  3. news

    ドラマーに役立つ「カラダを学ぼう」コーナー
  4. カラダのレシピ

    力みの原因を知るための2つの質問!
  5. カラダのレシピ

    知っておきたい!緊張した時の身体の基本的な仕組み
PAGE TOP