緊張を味方につける

パフォーマンスを上げるためには緊張を理解すること!

どうも、アレクサンダーテクニーク教師の山口裕介USKです。

緊張は敵なのか味方なのか?

良いのか悪いのか?

いるのか、いらないのか?

それは時と場合によって、タイミング、量によって変わってくるけど、まあ細かいことは今日は置いといて。。。

緊張は英語にするとテンションとも言います。

「調子悪いなー」

「今日はなんだかなー」

「ノリが出ないなー」

そんな時に、

「よし!テンション上げてこー!」

そんな言葉を使ったり、使う人をよく見かけるよね。

緊張上げてこー!

言うてますやん。

「なんでやねん、どっちやねん!」

って確実にツッコむとこやん。

押すなよ!言うて押すやつやん。

僕らは緊張はしたくない、減らしたいと思ってる中で、何気にテンションは上げてこ言うてるねん。

そう!

緊張は必要だとどっかで感じてるわけよ。

緊張は敵か味方か、良いか悪いかの判断はまだ置いといて、言えるのは意外と必要としてるんちゃう?ということ。

じゃあ減らしたい、なくしたいと思ってるのは何??

僕らは何でもまとめて話がちなのね。

何があったから緊張してると判断したか?

そこを具体的に考えないから、緊張してると得体の知らないものを恐れることになるのよね。

ただ手が震えてる

ただドキドキしてる

それくらいかもしれへんねん。

それを緊張や、最悪や!

曖昧に評価しちゃうから頭は混乱するんやわ。

と、まあ言いたいことは沢山あるから次回に持ち越しとして。

まずは緊張は敵か味方かは置いといて、必要なものなんやと思うことにしてみて!!

ハーバード大学の研究でも、緊張は自分に必要やものやと思うだけでパフォーマンスが上がると研究結果出てるくらいやし。

だから緊張は必要!!

ということにして、

今日から緊張は上げてこー!!

ほなまた!!

ユースケサンタゴリラ 山口裕介USK

【メルマガ登録すると緊張を味方につける冊子をプレゼント!】

メルマガにご登録いただくと<緊張を味方につけるための7つのステップ>のpdf版をプレゼント!
そしてプレゼントを受け取った後は、7日間「緊張を味方につけるためのヒント」が1つずつ届きます。緊張や不安をどう味方につけるかの選択肢を持っておくことで、本番を楽しむための協力なサポートになります。↓のバナーをクリックすると登録ページへ進みます。どんなメールが届くのかも書いてるのでぜひご覧ください。

USKメルマガ

 

ピックアップ記事

  1. 緊張対策!ネガティブな思考ループから脱出する考え方
  2. 苦手な音が出にくい理由はブレスの後の一瞬の動きでした
  3. 「緊張した時に考えてみてほしいこと」ゲッターズ飯田×カルメラ better fo…
  4. 「ギュッと力むのをやめたい」それも必要だけど本来の目的が変わらないように注意!
  5. 緊張は味方!脳科学から見えてくる残念なお知らせ

関連記事

  1. 緊張を味方につける

    「緊張してる時こそリスクを犯せ」ミスるなら前向きなミスをしよう!

    どうも、山口裕介USKユースケサンタゴリラです。このブログはア…

  2. 緊張を味方につける

    「ミスしても良いよ」のアドバイスではうまくいかんのです

    どうも、アレクサンダーテクニーク教師のユースケサンタゴリラこと山口裕介…

  3. 緊張を味方につける

    本番前の緊張を和らげるためにやってる3つのこと

    どうも、ユースケサンタゴリラこと山口裕介 USKです。今日はち…

  4. 緊張を味方につける

    「あるもの・ないもの探し」でモチベーションアップできる!

    どうも、アレクサンダーティーチャーのユースケサンタゴリラこと山口裕介で…

  5. 緊張を味方につける

    本番前の「どうしよう」は行動を変えることで対処できる

    どうも、山口裕介ユースケサンタ・ゴリラです。僕はBODYCHA…

  6. 緊張を味方につける

    周りの評価が気になる!この思考パターンを静めよう

    どうも、山口裕介・ユースケサンタゴリラです。さて今回は緊張の代…

登録すると緊張冊子プレゼント!

USKメルマガ

プロミュージシャンの声

新いがっちょ 新たなしん 新ひろしくん

最近の記事

ARCHIVE

  1. news

    新刊アレクサンダーテクニークの本に記事が掲載されました。
  2. 日記

     『第2回 ドラムワークショップ』開催 満員御礼!!
  3. 日記

    すべらないドラム話 Vol.8
  4. news

    カルメラ合宿とアレクサンダーテクニークレッスン
  5. ミュージシャンの心構え

    緊張緩和!居心地の良いコミュニケーションの取り方を考える
PAGE TOP