脳科学から考える

緊張は味方!脳科学から見えてくる残念なお知らせ

<脳科学から見えてくる残念なお知らせ>

どうも、ユースケサンタゴリラこと山口裕介 USKです。

緊張の仕組みを改めて勉強し直しています。

脳科学など科学的に立証されていることをもっと調べていきたいなと思ってやってるけど、難しい言葉が多いので読み始めると5分で頭から煙が出てくる気分。

さて今日は緊張の仕組みから見えてきた1つのことです。

緊張は危険な状況に遭遇した時に、脳の扁桃体(へんとうたい)が活性化することがまず始まりみたい。

流れとしては、

<危険察知→扁桃体の活性化→ノルアドレナリン分泌>

ここまで来てようやく「危ない、やばい」と現代の言葉で認識し始めるそうです。

面白いすね!
脳内で色々起こってから「緊張してきた、やばい、死にそう」の判断してるみたいね。

レッスンで「頭で考える前に筋肉が先に反応してるねんで」と言ってたのも裏付けられました。

「では極論やけど扁桃体がなくなればいいんじゃないか?」

そんな浅はかな僕の考えはやはりダメでした・・・。これも残念。

この扁桃体がないと恐怖を感じなくなるねんて。

扁桃体を手術などで切除された方でライオンとかにも平気で近づいてしまったなどもあるみたいやし、生きていくのにかなり危ないよね。ライオンに近づく状況にはまずならんけど。

ということで、

「扁桃体は生きてく上でめっちゃ大事!」

だから、扁桃体がある以上

「緊張するのをやめることはできない!」

がーん。
緊張を0にしようとすることはできないと、、、

薄々は気づいてたし緊張はあったほうが良いと思ってる反面、どこかなくなればええのにと期待してた自分がいますので、正直ざんねんです。

「扁桃体と上手に付き合って緊張を味方につけてやる」

さてさてこうなれば真っ向勝負しかないやん!

1つずつ考えていきますわ。

まず誰も襲ってこないステージ上は安全なのはわかってますよね。

危険だと感じるのは過去の失敗したり、息が止まるような経験に紐づいてるよね。

だからライブ前に「また大失敗するのでは?今回はもっと大きいのやらかすかも」と危険度が高く感じさせる。

そうすると扁桃体さんが、判断を下して「警告」と緊張させてくれる。

これを逆手にとって考えてみるプラン!!

無理矢理な例えですが、「生まれて一度も人前で失敗することもなく、そもそも失敗という概念がない世界で生きていたら緊張なんてするんやろうか?」

だから過去の経験があって、それを積み重ねているうちに身の危険を感じるレベルまでの記憶になってしまっているのやろうね。

そこでこんなことをやってみましょうのコーナー。

<過去の経験を改めて整理しよう>

緊張を引き起こす過去の失敗したこと、恥ずかしかったことを覚えてるなら、その時に

「死ぬ危険は本当にあったか?」

「安全な場面もあった」

「うまくできてたこともあった」

「難しいところ以外の演奏は大丈夫だった」

「失敗したけど、そのあと生きてた」

振り返るのは苦労しちゃうけど、過去の記憶に「大丈夫なこともある」と色づけをしてみて!

そうすれば、失敗だけじゃなく大丈夫だったことにもスポットが当たるよね。

過去の記憶が苦い思い出にならないし、これから先のステージで使える大事な経験として扱えるようになると思うねんな。

上手に過去の経験と付き合うことができれば、危険を察知する扁桃体さんもそんなに興奮しなくなるんちゃう。

過剰な緊張は抑えられて、バランスを持った緊張になるといいよね。

ということで、今日はここまで♪

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。

ほなまた!!

ユースケサンタゴリラ 山口裕介USK

【メルマガ登録すると緊張を味方につける冊子をプレゼント!】

メルマガにご登録いただくと<緊張を味方につけるための7つのステップ>のpdf版をプレゼント!
そしてプレゼントを受け取った後は、7日間「緊張を味方につけるためのヒント」が1つずつ届きます。緊張や不安をどう味方につけるかの選択肢を持っておくことで、本番を楽しむための協力なサポートになります。↓のバナーをクリックすると登録ページへ進みます。どんなメールが届くのかも書いてるのでぜひご覧ください。

USKメルマガ

 

 

ピックアップ記事

  1. 緊張のタネ探し「みんな頑張ってる」はホンマかいな!?
  2. 「緊張した時に考えてみてほしいこと」ゲッターズ飯田×カルメラ better fo…
  3. 緊張は味方!脳科学から見えてくる残念なお知らせ
  4. 初めての譜面をさらうときはどうやってますか?
  5. 不安がない方が怖い?安心したらダメと思ってないかチェック。

関連記事

  1. 脳科学から考える

    最高の演奏をしたいなら緊張したほうがめっちゃお得な理由♪

    どうも、ユースケサンタゴリラこと山口裕介 USKです。前回に引…

  2. 脳科学から考える

    緊張しやすい人は原始人?脳の仕組みから緊張を回避!

    どうも、ユースケサンタゴリラこと山口裕介 USKです。さて緊張…

  3. 脳科学から考える

    脳科学から緊張対策「幸せホルモンってほんま幸せ」

    脳科学から見えてくる緊張対策「幸せホルモンってほんま幸せ」どうも、…

  4. 脳科学から考える

    「自信がない」と感じる時はコレ試してみて♪

    どうも、ユースケサンタゴリラこと山口裕介です。引き続き緊張と脳…

登録すると緊張冊子プレゼント!

USKメルマガ

プロミュージシャンの声

新いがっちょ 新たなしん 新ひろしくん

最近の記事

ARCHIVE

  1. 緊張を味方につける

    ​緊張して頭が真っ白!!そんな時の取っておきプラン
  2. 日記

    チャリティーストリートライブ
  3. news

    実績・出張講座
  4. レッスン体験談

    3/26(火)ア レクサンダーテクニーク講座 〜石巻高等学校〜
  5. 日記

    東京FM81.3 J-WAVE「MUSIC HYPER MARKET」初登場17…
PAGE TOP