緊張を味方につける

本番前の緊張を和らげるためにやってる3つのこと

どうも、ユースケサンタゴリラこと山口裕介 USKです。

今日はちょっと気取って緊張を味方につけるセミナーではかかせない神経のお話です。

自律神経って聞いたことありますよね?

ストレス対策などのブログではほぼこれが出てきます。

自律神経は「交感神経」「副交感神経」の2つ。

交感神経は昼間に働くアクティブ神経さん、副交感神経は夜に働くリラックス神経さん。

環境や時間帯に応じてどっちかが働いて、もう一方は休憩モードになるんだってね。

やはりうまいことバランス取るのが大事なんでしょうね。

調べました結果

でね、この神経と緊張の関わりについて調べたり考えてきました。

緊張はこの交感神経が優位になっていることが原因の1つです。

交感神経優位になると、ドキドキして、心拍数が上がって、体温も上がるし、筋肉は緊張するような状態。

副交感神経が優位になるとこの逆ね。

適度な緊張状態=緊張が味方になってくれる時は、自律神経も良いバランスが取れてるんでしょうね。

でもしかし!

過剰な緊張状態が厄介なんですよね。

交感神経優位に立ちすぎ問題。

・身体が萎縮しちゃう
・手足が震えてくる
・頭の中が真っ白に

ライブ中にこうなると、もうパニックよ!

過剰な反応をする傾向がある人なら、普段から自律神経のバランスを取ることを心がけるのも対策の1つ。

ある意味、交感神経優位にするのは得意と言えるので、学ぶのは副交感神経にも働いてもらう方法です。

これはネットで調べたらたくさん出てくるし、僕より研究を進めてる人がほとんどなのでぜひ参考に見てみてね。

まあたくさんの方法が出てくるから僕なりに考えて3つに絞ってるので、それを紹介します。

<本番前の緊張を和らげるためにやってる3つ>

①スマイル深呼吸♪

これはブログでも書いたので合わせて読んでみてね。

ポイントとしては5秒で吸って、10秒くらいかけて吐くこと。

レッスンで深呼吸してもらった時に、素早くやってる人がいたのね。

素早くやっちゃうと「ハーハー」と走った後みたいな呼吸に近いから交感神経が優位になる可能性大!

ゆっくりゆっくり、時間を使ってやることです。

そこに吐く時にスマイルも!

こちらの記事を参考に:緊張がほぐれる「スマイル深呼吸のススメ」

スマイルすることでセロトニンという脳内物質も分泌されるのでやりすぎてる緊張には効果抜群。

②1つ1つの動作を丁寧に♪

 

ライブ前はできるだけ、思い出す度に動作を丁寧にすることを心がけてます。

基本的に僕はふんふんっと荒く動いてしまうので、特に注意してるのね。

交感神経が優位になってるライブ前だとさらに荒くなるからね・・・。

ゆっくり丁寧に行動する中では呼吸もゆっくりになるし、リラックスモードになりやすい。

 ③好きなものより腸に優しい食べ物を選ぶ ♪

腸の働きは副交感神経に影響するんですって!

若い頃は何も気にせず脂っこいのから、腸に負担かけそうなもの選んでたねー。

緊張をどうにかして、気持ちよくライブを楽しむのが目的やから、腸が気持ちよく動いてくれるために食べるものは選びたいよね。

どれが自分に合うか、調べて試して結果を見て判断ですね。

これも時期によって変わってくるんやろうな。

ここはまだまだ開発中やけど、選んで食べられるようにはなってきたかな。

好きな食べ物を食べてテンションあげたいけど、交感神経優位になるんやったら?

どっちを選ぶかは自分次第ってね。

********

さて、こうやって考えてみると、身体と気持ちのバランスが大事なのが再認識できます。

アレクサンダーテクニークはまさにここを見ていくので、緊張と相性が良いのよねー。

身体の使い方や考え方の選択肢を増やしていく中で、普段の生活習慣も見直すこと。

ここも同時に考えて取り組んでいく!

音楽を楽しむための大事な道のりでございます。

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

ほなまた!!

ユースケサンタゴリラ 山口裕介USK

【メルマガ登録すると緊張を味方につける冊子をプレゼント!】

メルマガにご登録いただくと<緊張を味方につけるための7つのステップ>のpdf版をプレゼント!
そしてプレゼントを受け取った後は、7日間「緊張を味方につけるためのヒント」が1つずつ届きます。緊張や不安をどう味方につけるかの選択肢を持っておくことで、本番を楽しむための協力なサポートになります。↓のバナーをクリックすると登録ページへ進みます。どんなメールが届くのかも書いてるのでぜひご覧ください。

USKメルマガ

ピックアップ記事

  1. 緊張対策「根拠のない大丈夫」の方が意外とうまくいく
  2. ダメ出しをしながらの「ながら演奏」はおやめください。
  3. ラルフロールとアレクサンダーテクニークレッスンが実現!
  4. 周りが上手な人ばかりで緊張する!自分を尊重するための対策
  5. 初めての譜面をさらうときはどうやってますか?

関連記事

  1. 緊張を味方につける

    不安がない方が怖い?安心したらダメと思ってないかチェック。

    どうも、山口裕介 USKです。ライブするにも人前で何かスピーチ…

  2. ミュージシャンの心構え

    緊張緩和!居心地の良いコミュニケーションの取り方を考える

    <自分の居心地の良いコミュニケーションを考える>&…

  3. 緊張を味方につける

    考え方に義務を持ちすぎると身も心も疲労しちゃうで!

    どうも、アレクサンダーテクニーク教師のユースケサンタゴリラこと山口裕介…

  4. 緊張を味方につける

    演奏を始める前にやってほしい大事な環境作りとは!?

    どうも山口裕介USKです。今回は打楽器奏者とのスネアレッスンでの一コ…

  5. 緊張を味方につける

    自信がないし緊張する!?自分を信頼するための大事な選択

    どうも、ユースケサンタゴリラです。自分に自信がない!緊…

  6. ミュージシャンの心構え

    「ちゃんと」せんでもベストは出せる!?

    どうも、ユースケサンタゴリラです。「ちゃんとして!」と言った事…

プロミュージシャンの声

新いがっちょ 新たなしん 新ひろしくん

最近の記事

ARCHIVE

  1. 緊張を味方につける

    周りの評価が気になる!この思考パターンを静めよう
  2. 日記

    キンチャンとFM85.1
  3. 日記

    「雫の波紋」販売開始
  4. 緊張を味方につける

    ダメなところは限定品!?無理に改善しなくていいんです。
  5. ミュージシャンの心構え

    緊張緩和!居心地の良いコミュニケーションの取り方を考える
PAGE TOP