緊張を味方につける

不安がない方が怖い?安心したらダメと思ってないかチェック。

どうも、山口裕介 USKです。

ライブするにも人前で何かスピーチするにも、安心してやりたいもんです。

演奏でもレッスンでも仕事でも。。。

安心してやりたいから試行錯誤してますよね。

ネットで探したり、レッスンに行ったり、誰かに聞いてみたり。

安心のそばに常にいるのが心配。

「曲を全部覚えたよな。あれ?あそこどうやったっけ?」
「今日の仕事終わり!いや待てよ、もしかしたら・・・」
「これでいいかな、大丈夫かなー」

心配はどんな時でもついてきますねー。

嫌な事は起きてほしくないし・・・
先回りしておかないとまた同じ事しそうやし・・・
もう傷つきたくないしねー

この前のレッスンで話をしてたんですけど、「安心してたらあかん」がすごく強い方がいたんですよね。

・安心したら失敗する
・安心したらうまくいかない
・安心するからダメになる

そうやって思い込んでしまっているようでした。というか、そうなのよ(本人もそう言ってたから)

それって言い方を変えると、

「めっちゃ心配してるから大丈夫」
「不安でいるほうが問題が起きない」

1つ掘り下げるとこんな思考に無意識になってないかな?

心配から始まり、行動を選んでいるわけなのね。

不安を満たすと安心するんかなー??

また違う不安や心配を見つけてしまう思考になっていく気がする。

安心は行動した結果だとすれば?

不安から行動しても安心はいつまでも来ないと思うのよね。

・今日のステージで何をしたいか?
・お客さんやメンバーとどんな時間を過ごしたいか?

不安があるのは、自分がどうしたいかをしっかり考え切らずに、「人にどう思われるか?」に焦点が合っているんじゃないかな。

人のペースに合わせるからまたできなかったり、うまくいかないから心配になるんやろね。

自分がやれること!
自分に合わせた練習量を取ること!
あんな演奏がしたいんだとやりたい演奏の望みを持ち続けること!

不安から動き出すのは安心感は得られないとしたら、自分に焦点を合わせて考えて行動することがええよね。

僕は不安から行動をしようとしたら、一旦止まります。それはうまくいかないし、連鎖するのを分かっているから。(やっちゃう時もあるよ・・・)

そこでまず!
自分がやれる範囲だけ、焦らず、頑張りすぎずに、自分がやりたいように、その日にやれる目標を決めてただただやる!

焦点が自分に向いて、自分のペースで行動していくうちに、いつもと違って「あそこはもっとこうしよう」とか色々見えてくる。

いつのまにか不安から行動してないし、やりたいことに沿って進んでいけてるんよね!!

自分が、自分のやりたいことを理解して進んでいく状態が結果的に安心につながってくるんじゃないかなー。

もはや、「安心」という言葉ではない別の言葉が浮かんでくる気がしますね。

それでも不安は来るってもんよ

そう言われても不安にはなるよねー。
(ここまで書いてみて、この内容で大丈夫かめっちゃ不安ナウですし)

でもまあ、不安になる、心配するっていうのは、先読みできているとも言えますよね。

プランBプランCプランDプランFと、予備プランをたくさん作ってるもんです。

そこまで先読みできる力は逆に強みでもあるから、これまでの自分を変える必要はないのも1つね。

人として不安や心配は生きていくために必要なものとも言われてるから、そもそも安心なんてないかもしれんし笑

ということで、そんなに悪者扱いはしなくていいみたいね。

さてここで今回は終わりなわけですが、これで大丈夫かと不安になる。

それは「読んでくれてる方に伝わるのか、変なやつと思われないか?」

その方向で考えてるから不安・心配なんです。

だからと言って、読んで良かったと言ってくれる人がいるかも!なんてポジティブに思うこともしません。

喜んだ直後に「先生のブログは微妙です」なんて言われることも予測してますから!!

なので、今日はテーマを決めて思ったように書くこと!!

それをただただやろうとここまで書いてみたわけです。

最初に自分で決めた目標にただただついてきてみると、不安との付き合いもうまくいけた気がしますー。

ということで、自分のために書いてるようなブログをここまで読んでいただきまして、今日もありがとうございます。

ほなまた!!

山口裕介USK

【緊張を味方につける冊子をプレゼント!!】

メルマガにご登録いただくと<緊張を味方につけるための7つのステップ>のpdf版をプレゼント!
そしてプレゼントを受け取った後は、7日間「緊張を味方につけるためのヒント」が1つずつ届きます。緊張や不安をどう味方につけるかの選択肢を持っておくことで、本番を楽しむための協力なサポートになります。↓のバナーをクリックすると登録ページへ進みます。どんなメールが届くのかも書いてるのでぜひご覧ください。

USKメルマガ

ピックアップ記事

  1. 周りの評価が気になる!この思考パターンを静めよう
  2. 「ちゃんと」せんでもベストは出せる!?
  3. 脳科学から緊張対策「幸せホルモンってほんま幸せ」
  4. 不安からの情報集めは成長を遅らせてしまう。問題が増える前に考えてみてほしいこと
  5. ラルフロールとアレクサンダーテクニークレッスンが実現!

関連記事

  1. 緊張を味方につける

    ダメ出しをしながらの「ながら演奏」はおやめください。

    どうも、山口裕介・ユースケサンタゴリラです。今回は、先日の緊張…

  2. 緊張を味方につける

    緊張を増やす原因「でもでも病」は危ない!

    どうも、 USKユースケサンタゴリラです。ある日のサックス奏者…

  3. 緊張を味方につける

    【緊張サヨナラ作戦】お客さんの顔を見ると緊張する人のためのオススメプラン

    どうも、山口裕介USKサンタゴリラです。このブログはアレクサン…

  4. 緊張を味方につける

    緊張のタネ探し「みんな頑張ってる」はホンマかいな!?

    どうも、山口裕介USKことユースケサンタゴリラです。(名前多いわ、…

  5. ミュージシャンの心構え

    緊張緩和!居心地の良いコミュニケーションの取り方を考える

    <自分の居心地の良いコミュニケーションを考える>&…

  6. 緊張を味方につける

    想定外を想定内にしておくこと!

    どうも、山口裕介ことユースケサンタゴリラです。先週のお話ですが…

登録すると緊張冊子プレゼント!

USKメルマガ

プロミュージシャンの声

新いがっちょ 新たなしん 新ひろしくん

最近の記事

ARCHIVE

  1. 脳科学から考える

    脳科学から緊張対策「幸せホルモンってほんま幸せ」
  2. ライブ活動

    第4回にしきた音楽祭LALALAミュージシャンコンテスト’10
  3. ドラム&アレクサンダーテクニーク

    「演奏のしやすさだけでなく、音色までが良くなった」パーカショニスト和佐野 功さん…
  4. 日記

    音大実技試験合格!!
  5. 脳科学から考える

    緊張は味方!脳科学から見えてくる残念なお知らせ
PAGE TOP