ミュージシャンの心構え

これで安心!「でもでも病」の対処法

どうも、山口裕介 USKユースケサンタゴリラです。

もうタイトルだけ見るとナニコレ?って感じですねー。

でもでも病って何?と思われる方は
前回記事をまず読んでくださいね。

前回記事を読む→【でもでも病はけっこう危ない】

ご覧いただいてからだと今回の秘策の意味が分かりやすくなります。

でもでも病が出てきても大丈夫!簡単な対象法とは?

8be5b584236f1c1943296befa2702767_s

自分の経験を主に振り返ってでてきた対象法は、

必殺「でも返し!」

 

まあすでにお察しの方もいらっしゃいますが続けます笑

前回のブログは【でも】を使うことがいけないとは言ってません。

【でも】は使っていいんですけど、できたことの事実は認めてあげようという話でした。

それがいつの間にか【でも】を使う自分はまだまだや、なんて思うのは本末転倒です。

そこで、

【でも】を使えば、さらに【でも】でひっくり返す!

例えば、

「うまくできた!でも・・・まだ○○はできていな」

と思った場合に、

でも!!今の練習したところはうまくいった」

とさらにひっくり返すこと。

そうすることで事実としてできたことへ考えを戻します。

これから「でも」を使っても大丈夫ですね

なんたって、必殺「でも返し」があるわけですからね。

これは自分のためでもあります。

おかげさまで今は穏やかな気持ちで練習できています♪

こんな風に気づいた時こそ何か新しい変化が生み出されるチャンスです!!

「うまくいかない」「ダメだなー」「〜しなきゃな」のように考えてしまう裏側には、必ず「こうしたい・なりたい」という望みがあるんですよね。

ネガティブワードを口に出してしまう時は、自分のやりたい方向がちゃんと見えてることがほとんどです。

自分がどんな考えをしているのかをじっくり見つめる時間を作ってあげたいですね♪

山口裕介 USK ユースケサンタゴリラ

USKメルマガ

ピックアップ記事

  1. 「ギュッと力むのをやめたい」それも必要だけど本来の目的が変わらないように注意!
  2. 動かし方のプロセスを意識すること!〜名古屋セミナー体験者の声〜
  3. Q「リハと本番の感覚が変わって良い音がでない」A「新鮮な気持ちで臨んではどうです…
  4. ダメ出しをしながらの「ながら演奏」はおやめください。
  5. ストレスのある目標設定は緊張を生みやすくする

関連記事

  1. 緊張を味方につける

    「緊張してる時こそリスクを犯せ」ミスるなら前向きなミスをしよう!

    どうも、山口裕介USKユースケサンタゴリラです。このブログはア…

  2. 緊張を味方につける

    本番前の「どうしよう」は行動を変えることで対処できる

    どうも、山口裕介ユースケサンタ・ゴリラです。僕はBODYCHA…

  3. 緊張を味方につける

    「緊張して声が枯れないようにしたい」歌い始めに注目!

    どうも、ユースケサンタゴリラです。今回は緊張を味方につけるセミ…

  4. ミュージシャンの心構え

    「ちゃんと」せんでもベストは出せる!?

    どうも、ユースケサンタゴリラです。「ちゃんとして!」と言った事…

  5. 緊張を味方につける

    ​緊張して頭が真っ白!!そんな時の取っておきプラン

    どうも、ユースケサンタゴリラです。ただいまカルメラのサポートライブ…

  6. ミュージシャンの心構え

    初めての譜面をさらうときはどうやってますか?

    どうも、山口裕介USKユースケサンタゴリラです。今回は管楽器の…

プロミュージシャンの声

新いがっちょ 新たなしん 新ひろしくん

最近の記事

ARCHIVE

  1. 緊張を味方につける

    「緊張してる時こそリスクを犯せ」ミスるなら前向きなミスをしよう!
  2. 日記

    すべらないドラム話 Vol.9
  3. 日記

    君彩りLOVER 初の東京ライブ
  4. news

    この春からの挑戦
  5. 緊張を味方につける

    気づいていない自分ルールが緊張を作る!青山高等学校出張セミナーにて
PAGE TOP