56cb68697c79b762cfddc25e8365e8f4_s

緊張を味方につける

「緊張して声が枯れないようにしたい」歌い始めに注目!

どうも、ユースケサンタゴリラです。

今回は緊張を味方につけるセミナーに参加された声楽をされている女性とのレッスンでのお話です。

歌っていると声が枯れてしまう

相談してもらったことは、

「本番の時に声が枯れやすくなってきた。もし声が枯れてしまったらどうしようという不安が緊張になって、他にも余計な力が入りやすくなっている」

USK「では一度歌ってみてもらえますか?」

少し声を出し始めてすぐに、「あー、今日も出ないです」と歌うのをやめてしまいました。

まさに歌おうとした直前にそれは起きていた・・・

歌ってくれたのは少しでしたがそこから見えて来たことがあります。

前に出て歌おうとした瞬間に3つのことが見えました。

  1. 身体が後ろへ傾いた
  2. 肩を内側へ丸める
  3. 目は動かさず一点を見つめていた

良い悪いで見ているわけではなくて、その動きには「どんな理由があったのかな?」と興味があります。

習ってきたことを実践したり、歌いやすいからやっているのかもしれない。でも、もし気づかずやっていることなら、歌うには不利なんですよね。

歌おうとした時に何を考えていたか聞いてみると、

生徒さん「とにかく恥ずかしかったんですよ」

USK「それねー!ほんなら何で人前で歌う道を選んだんよー?笑」

生徒さん「自分の歌を聞いて欲しいからです。でも恥ずかしいです。」

その時はセミナー参加者さんは他に4名いたので、人前で歌うという本番さながらの状況です。初対面の人だらけやし恥ずかしいというのも当然ありますね。

でもそれが本番というものです!

恥ずかしいは人前に出るからじゃなくて、下手なところを見せたくない・失敗したくないなど自己評価から来ています。

コントロールできるのは自分だけ!

そもそも歌を歌いたい!
それを聞いてもらいたい!
だからステージに上がってるわけですよねー。

USK「聞いてもらった人が無反応だったらどうですか?良い悪いもなく無反応ということです。」

生徒さん「それは寂しい、何かは言ってほしいし反応もあったほうがいいですね」

ということは、「人に評価されること」も望んでいるわけですよね♪

ステージに上がるということはは評価されて当然です。しかも相手の評価はコントロールできないですよね。

どう思われるかを気にしていると、歌うことに集中できずに守りに入る歌い方になってしまいます。

コントロールできるのは、自分自身だけであって「自分がどうしたいか」です。

試してもらったプラン

さっきの内容をふまえて、何万通りもあるプランの中から今回は次のことを試してもらいました。

「自分は人前で歌いたくて歌っている」
「見られることも望んでいる」
「聞いてもらいたいから歌っている」

これを声に出して(頭の、中でも良い)自分にハッキリと宣言してから歌ってもらいました。

生徒さん「声が出しやすくなりましたし音量も増えたと思います。」

参加者のみんなもうなづいたりと誰もが分かる響きのある歌声でした。

この時に見えたのは、最初の3つの動きがずいぶん減っていたことです。

後ろに傾くことなく、肩を丸めるのもやめて、目線は聞いてくれている人を含めて見ていました。

実際にこの動きをやって声を出してみると喉に負担をかけるのがわかると思いますが、やらないでくださいね(笑)

この結果から、最初の3つの動きは恥ずかしさを消すための動きだったのかもしれませんね。

恥ずかしさへの反応で身構えてしまって、声が枯れるきっかけを作ってしまったのかもしれませんね。

「これがやりたい宣言は効果抜群」

恥ずかしいのは当然あっても良いことですよね!

ただこれから人前で歌うといった日常ではない高度なレベルのことをやってるわけです。

<恥ずかしさへの対処>+<歌うこと>は大変!!

これやと歌うことへの力の配分が減っちゃいます。

かなり練習してきたんやし、やっぱり成果を出して気持ちよく歌ってるところをみんなに聞いてもらいたいですよね。

歌うために身体の仕組みをどう使うかが役に立つ場合もあります。

でも今回のように「これから自分は何をするのかをハッキリさせる」ことで身体が動きやすくなってくるんですね。

セミナーを何度も開催して多くの人とレッスンしてきましたが、緊張の仕組みや問題はホントに人それぞれです。

レッスン内容が同じだったことが一度もありません。

「自分がどうしたいか」ってことをハッキリさせておくことは、すごくすごくすごく大事なんです!

今日も最後までありがとうございます。

ほなまた!

山口裕介 USK ユースケサンタ・ゴリラ

USKメルマガ

ピックアップ記事

  1. 緊張がほぐれる「スマイル深呼吸」のススメ
  2. 「緊張してる時こそリスクを犯せ」ミスるなら前向きなミスをしよう!
  3. 【緊張サヨナラ作戦】お客さんの顔を見ると緊張する人のためのオススメプラン
  4. 緊張解消のための「逆・深呼吸」エクササイズ
  5. これで安心!「でもでも病」の対処法

関連記事

  1. fa2025c20c1b7b95a1658a1131ed3dc2_s

    カラダのトリセツ

    緊張予防「なんとなく」を丁寧に行うことで緊張は減る!?

    どうも、山口裕介ユースケサンタゴリラです。今回は「身体の力みや…

  2. 397a464f08a4ebceee640f321e8d8b57_s
  3. 1804dd47121622dcfcf03f09caf12f4c_s

    緊張を味方につける

    本番前の「どうしよう」は行動を変えることで対処できる

    どうも、山口裕介ユースケサンタ・ゴリラです。僕はBODYCHA…

  4. IMG_5303

    緊張を味方につける

    気づいていない自分ルールが緊張を作る!青山高等学校出張セミナーにて

    どうも、山口裕介ユースケサンタゴリラです。先日は三重県青山高等…

  5. liz99-321244

    緊張を味方につける

    自信がないし緊張する!?自分を信頼するための大事な選択

    どうも、ユースケサンタゴリラです。自分に自信がない!緊…

  6. 17a6b3c50bdbc6d3e368e648cea74c33_s

    カラダのトリセツ

    知っておきたい!緊張した時の身体の基本的な仕組み

    どうも、山口裕介ユースケサンタゴリラです。ただいまカルメラ合宿…

登録すると緊張冊子プレゼント!

USKメルマガ

プロミュージシャンの声

新いがっちょ 新たなしん 新ひろしくん

最近の記事

  1. laith-abuabdu-35514
  2. yutaro
  3. eric-nopanen-208576
  4. liz99-321244
  5. allef-vinicius-108796

ピックアップ記事

  1. 周りが上手な人ばかりで緊張する!自分を尊重するための対策
  2. 緊張対策!ネガティブな思考ループから脱出する考え方
  3. <緊張対策>ほんまにソレやらなあかんの?

ARCHIVE

  1. 0fdd457584c20d9d7094ec49b0068673_s

    緊張を味方につける

    緊張を増やす原因「でもでも病」は危ない!
  2. 写真-4

    ドラム&アレクサンダーテクニーク

    ドラマーのためのアレクサンダーテクニーク講座
  3. 日記

    すべらないドラム話 Vol.2
  4. 1417572_933072223437660_6764773314811648521_o

    打楽器研究会

    大太鼓は左手の動きが命
  5. wp-image-106526626jpg.jpg

    ドラム&アレクサンダーテクニーク

    MIKI DRUM FESTIVAL 2016!!
PAGE TOP