緊張を味方につける

​「知ってる」はチャンスを減らす!緊張は普段の思考に隠れている

どうも、ユースケサンタゴリラです。

音楽を続けていると色んな知識や技術が身についてきます。

「この時はこうやったほうがいい!」
「あの場面でのセオリーはこれ!」

経験するからこそ知り得ることです。

ただここは注意しておきたいところ!

「それ知ってるよ!」

「これアレでしょ!」

僕らは「知ってる」と思った時点で考えることをやめてしまうようです。

それ以上考えたり、深く掘ったりしなくなるのでしょうね。

試してみよう!

二人組でやります。

一人は目を閉じて手の平を上に向けて、物を乗せられる状態にします。

もう一人は、その手の平に何か物を置いてください。

ペンでも腕時計でもオッケー!

目を閉じてる人は何を置かれたか分からないわけですね。

そして、いろいろ触ってみてそれが何か答えてみてください。

まずは、見えない物を当てることを楽しんでください。

ここからが考えるポイント!

ある程度の物ならすぐ分かると思います。

でもね、「これ分かった」と思った時に身体はどんな反応しましたか?

さっきまで指先で固さや感触、大きさなど調べていたと思います。

でも分かったと思った直後には調べるのをやめませんでしたか?

「なーんだ」とそれ以上の情報を集めるのをやめてしまいます。

これが「知ってる」は情報を探そうとしなくなる1つの例です。

知っていると思ったら、それ以上に考えることをしなくなるとしたら?

絶好のチャンスを逃しているかもしれない!?

情報はいつもあなたの味方です。

すでに知っていると思っても、新鮮な気持ちで試してみること。

今日はどうなるかなんてわからないわけ!

いつもの楽器を持つのじゃなくて、「今日はどんな楽器かな?」と思って持ってみるとまた違う重さや質感に出会えるかも?

この知っているをやめてみることで、演奏や音が変わったレッスン例があるのでぜひ試してみてください。

今日も最後までありがとうございます。

ほなまた!

山口裕介USK ユースケサンタゴリラ

【緊張を味方につける冊子をプレゼント!!】

メルマガにご登録いただくと<緊張を味方につけるための7つのステップ>のpdf版をプレゼント!
そしてプレゼントを受け取った後は、7日間「緊張を味方につけるためのヒント」が1つずつ届きます。緊張や不安をどう味方につけるかの選択肢を持っておくことで、本番を楽しむための協力なサポートになります。↓のバナーをクリックすると登録ページへ進みます。どんなメールが届くのかも書いてるのでぜひご覧ください。

USKメルマガ

ピックアップ記事

  1. ストレスのある目標設定は緊張を生みやすくする
  2. 「ちゃんと」せんでもベストは出せる!?
  3. 1音目の不安とサヨナラ!「パフォーマンスの最大の敵は固定すること」
  4. 不安からの情報集めは成長を遅らせてしまう。問題が増える前に考えてみてほしいこと
  5. 「ギュッと力むのをやめたい」それも必要だけど本来の目的が変わらないように注意!

関連記事

  1. 緊張を味方につける

    緊張対策!自信を高める「考える練習」と2つの大事なポイント!

    どうも、ユースケサンタゴリラこと山口裕介です。さてさてみなさま…

  2. 緊張を味方につける

    <緊張対策>ほんまにソレやらなあかんの?

    ほんまにソレやらなあかんの?どうも、USKことユースケサンタゴリラ…

  3. ミュージシャンの心構え

    「ちゃんと」せんでもベストは出せる!?

    どうも、ユースケサンタゴリラです。「ちゃんとして!」と言った事…

  4. 緊張を味方につける

    緊張対策「根拠のない大丈夫」の方が意外とうまくいく

    大丈夫に根拠はいらない!根拠のない大丈夫が緊張を味方にするどうも、…

  5. 緊張を味方につける

    「あるもの・ないもの探し」でモチベーションアップできる!

    どうも、アレクサンダーティーチャーのユースケサンタゴリラこと山口裕介で…

  6. カラダのレシピ

    緊張解消のための「逆・深呼吸」エクササイズ

    どうも、山口裕介ユースケサンタ・ゴリラです。今日は「呼吸」のお…

登録すると緊張冊子プレゼント!

USKメルマガ

プロミュージシャンの声

新いがっちょ 新たなしん 新ひろしくん

最近の記事

ARCHIVE

  1. 日記

    今、自分にできること
  2. news

    11/10 カルメラワンマンライブ 〜千日前ユニバース〜
  3. news

    幕張メッセでニコニコ超会議に出演!
  4. 日記

    『第2回 ドラムワークショップ』満員御礼!!
  5. news

    アレクサンダーテクニーク教師への第一歩
PAGE TOP