緊張を味方につける

​緊張して頭が真っ白!!そんな時の取っておきプラン

どうも、ユースケサンタゴリラです。
ただいまカルメラのサポートライブでシンガポールへ来ております。機内でいくつか書けたのでご紹介させてもらいます。

さて今日も緊張のお話。

何度も練習してきて、いよいよ本番!
ステージに上がった瞬間に頭が真っ白に!

「え?何が起きたん?」

緊張しいならあるあるですよね。

「一体何が起きたのか?」

理解できない。

思い出そうとしても思い出せない。

余計に焦る。

考えただけで地獄ですわ。

さてこんなときに僕が取っておきプランとして用意してることがあるので、ご紹介します。

まず頭が真っ白に対して!

頭が真っ白になった時に、すぐに対処しようと焦りますよね。

まず「何やっけ?何するんやっけ?」と思い出そうとしてませんか?

これ僕としてはまずやらないほうが良い行動です。

人前に出て頭が真っ白になる!これって生物として最悪の事態なんです。

前にも書いたけど、人前に出るのは生きるか死ぬかの状況。それやのに真っ白って、死ぬくらい危険な状況なんですよ。

この状況で「思い出す」行動はまだ早い!思い出せるわけがないです。

まずやってあげるのは、生物として安全を確保することなんですよね。

頭が真っ白で危険を感じて身体は怖くて身を縮めてます。

この縮めてるのをやめたいわけですが、「やーめた!」と言ってもやめれまへん。

何か代わりの行動をすることでやめられます。

そこで!
頭は真っ白やけど、そこに少しでも色づけできることはないか?

そこで見えてるもの、聞こえるもの、匂うものなど五感を使ってみましょう。

  • 天井までの高さはどれくらいあるか?
  • お客さんで赤の服を着ている人は見えるか?
  • 空調の音など聞こえるものはないか?
  • 何か匂うものはないか?

遠回りのようやけど、真っ白で危険が迫ってる時には何でもいいから身体を動かせるプランが効果的なんです。

無理に思い出そうとするのは、身を固める一方になります。

そんな時間がないと思うかもしれません。でも天井までの高さはどれくらいあるか?は、すぐできます。

無理に思い出そうとしてる間の方が時間かかるかも?

身体を動ける状況にしてあげることで、思い出そうとしなくても、記憶が戻ってくるはずです。

思い出せないならその場から一歩でも横に動くのでもオッケー!

とにかく動くこと!
今の状況を理解するために、見て聞いて匂って情報を集めること!

間接的なアプローチですが、直接的よりは身体に優しくなります。

頭が真っ白になった時こそ!




よければ、試せるようにどのプランにするかを考えて準備をしておいてみてはどうでしょうか?

頭が真っ白になってもプランがあると思えるだけでも、気持ちは楽になるかもですね。
今回も最後までありがとうございます。

ほなまた!
山口裕介 USK ユースケサンタ・ゴリラ

ピックアップ記事

  1. 【マンガで分かる】怪しい特殊訓練?アレクサンダーテクニークレッスン!?
  2. 本番前の緊張を和らげるためにやってる3つのこと
  3. 不安からの情報集めは成長を遅らせてしまう。問題が増える前に考えてみてほしいこと
  4. ラルフロールとアレクサンダーテクニークレッスンが実現!
  5. 本番前になると神経質になるあなたへ

関連記事

  1. 緊張を味方につける

    演奏を始める前にやってほしい大事な環境作りとは!?

    どうも山口裕介USKです。今回は打楽器奏者とのスネアレッスンでの一コ…

  2. 緊張を味方につける

    <緊張対策>ほんまにソレやらなあかんの?

    ほんまにソレやらなあかんの?どうも、USKことユースケサンタゴリラ…

  3. 緊張を味方につける

    緊張対策!自信を高める「考える練習」と2つの大事なポイント!

    どうも、ユースケサンタゴリラこと山口裕介です。さてさてみなさま…

  4. ミュージシャンの心構え

    周りが上手な人ばかりで緊張する!自分を尊重するための対策

    デキる人が周りに沢山いて自信がなくなるどうも、ユースケサンタゴリラ…

  5. 緊張を味方につける

    みんなが認める正解ではなく自分の正解を見つける

    どうも、ユースケサンタゴリラです。シンガポールより2回目の投稿…

  6. 緊張を味方につける

    緊張のタネ探し「みんな頑張ってる」はホンマかいな!?

    どうも、山口裕介USKことユースケサンタゴリラです。(名前多いわ、…

プロミュージシャンの声

新いがっちょ 新たなしん 新ひろしくん

最近の記事

ARCHIVE

  1. news

    学研おんがく通信8月号から「緊張解消!ワンポイントレッスン」の連載スタート!
  2. 日記

    モーラー奏法修行とスタンスパンクス
  3. ミュージシャンの心構え

    他のパートにつられてしまわない?
  4. news

    新年のご挨拶
  5. ドラム&アレクサンダーテクニーク

    ドラマーのためのアレクサンダーテクニーク講座
PAGE TOP