ミュージシャンの心構え

遅い曲になるとリズムがゆれてしまう「言葉の影響力を知ろう」

どうも、ドラムお悩み相談所の山口裕介USKです。

今回もアレクサンダーテクニークレッスンでドラマーからの相談での一コマです。

「速い曲ではあまり感じられませんが、遅い曲にならとどうしてもリズムがゆれているのが目立ちます。」

今回はこのようなお悩み相談をいただきました。

遅い曲になると、少し速くなったり、遅くなったりの揺れが気になるようですね。

速い曲は案外勢いでいけちゃったりしますしね。

遅い曲だからこそ、目立ちやすいということなんやろうかな!?

ネットなどで検索すると色々解決法が出てきますね。

僕もやってるのは、もっと細かくリズムを刻むことかな。

テンポ45の曲だとすれば、4分音符でリズムをとるのではなく、8分16分音符とより細かくして1拍の長さを考えることやね。

ドラムのフレーズを細かく言えば、けっこう1拍の間に言えること多いですね。

ドッチッタクチツ、ドタチツタッチツ♪

完全に僕の脳内のリズム言葉ですみませんけど。例えとしてあげておきます。

こういったアイデアもある中で、アレクサンダーテクニークレッスンからの視点でお答えしました。

色々試したけどどうしてもできない、遅い曲が苦手な方にはぜひ試してほしいことです。

言葉の影響力はすごいんやで!

遅い、速いと言った言葉の使い方は、身体に思わぬ影響を与えるんですよ。

例えば、できるだけ速くシングルストロークを叩こうと思って構えてみます。

叩こうとする直前の身体にはどんな反応があったかな??

どんな準備を始めたか?

ここがポイントです!

速くという言葉に対して身体が予め準備をするんですね。

呼吸を止めたり、一点に集中したり、腕に力を込めたり、身体を安定させようとしたり。

言葉に対しての思いが、身体にも影響を与えているんですよ。

では遅いテンポを叩こうで試すとどんな準備を始めますか?

遅い曲ほど胴体側は優雅にしておく!

今回の相談者さんは、速い、ミドルテンポ、遅い曲と叩いてくれました。

身体の動きを見させてもらうと、遅い曲では別の2つとは違った動きでした。

遅い曲を叩こうと思った時に、身体を前に丸めめ、肩を内側に寄せるのが見えました。

ミドルテンポや速い曲だと起きません。

相談者さんが遅いと思うテンポでは起こる動きでした。

話を整理していると、遅い曲なのでどうしても合わせにいってしまうと言われました。

しっかりそのテンポに合わせにいくために、身体も一緒に合わせにいっていたのかもしれませんね。

相談者さんへ試してもらったプラン

まず遅い曲と考えるのはやめることです。

遅いという言葉に動きがクセになってるので、今後しばらく遅いは封印にしました。

遅いという曖昧な言葉はやめて、何を実際やるのか?

実際はテンポ45で8ビートを刻む。

その為に腕と脚を、そのリズムにあわせて動かすことですね。

使うのは主に腕と脚です。

胴体側は丸めたりせずに、優雅にしておいて大丈夫!

むしろ胴体側に緊張があっては、腕と脚は動けません。

過去記事
頭の動きを止めるとカラダが動きにくくなる?!

頭を動けるようにして、身体全体も動けるようにすることで、腕と脚でテンポ45の8ビートを刻む。

全体を動けるようにして、実際に必要な動作を考えて動くことで、身体を丸めたりすることはなくなりました。

その結果、リズムの揺れはほとんどなく気持ちの良いリズムになりました。

相談者さんも拍の長さが良く感じられたと言われました。

今回のポイント

言葉に紐付く身体の動きを観察することが解決につながりました。

じっくり動きを観察することは、問題の解決になる近道ですねー。

ドラマーのお悩み相談が解決につながると嬉しいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

引き続き、メールでの無料相談もどしどしお待ちしております。

問合せページよりお気軽にどーぞ♪

【お問い合わせ】

USK

USKメルマガ

ピックアップ記事

  1. 緊張対策!ネガティブな思考ループから脱出する考え方
  2. 【緊張サヨナラ作戦】お客さんの顔を見ると緊張する人のためのオススメプラン
  3. 緊張がほぐれる「スマイル深呼吸」のススメ
  4. 本番前の緊張を和らげるためにやってる3つのこと
  5. 不安がない方が怖い?安心したらダメと思ってないかチェック。

関連記事

  1. ミュージシャンの心構え

    「上手くやらなきゃ」は安定しない!前へ進む言葉を選ぶ

    どうも、 USKことユースケ・サンタゴリラです。レコーディング…

  2. ミュージシャンの心構え

    初めての譜面をさらうときはどうやってますか?

    どうも、山口裕介USKユースケサンタゴリラです。今回は管楽器の…

  3. ミュージシャンの心構え

    これで安心!「でもでも病」の対処法

    どうも、山口裕介 USKユースケサンタゴリラです。もうタイトル…

  4. news

    ラルフロールとアレクサンダーテクニークレッスンが実現!

    世界的ドラマーのラルフロールさんにアレクサンダーテクニークレッスンをす…

  5. ミュージシャンの心構え

    「ちゃんと」せんでもベストは出せる!?

    どうも、ユースケサンタゴリラです。「ちゃんとして!」と言った事…

  6. ミュージシャンの心構え

    緊張予防!ミスした原因を探すよりは「どうやったらうまく動けたか」を考えよう

    どうも、山口裕介ユースケサンタゴリラです。今日は原因探しはもっ…

登録すると緊張冊子プレゼント!

USKメルマガ

プロミュージシャンの声

新いがっちょ 新たなしん 新ひろしくん

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 脳科学から緊張対策「幸せホルモンってほんま幸せ」
  2. 最高の演奏をしたいなら緊張したほうがめっちゃお得な理由♪
  3. 緊張は味方!脳科学から見えてくる残念なお知らせ

ARCHIVE

  1. news

    ドラマーの為のボディシンキング入門編 第3回更新
  2. news

    「身体の構造を知ると不思議なくらい楽に身体を動かせた!」レッスン体験談
  3. 日記

    東京FM81.3 J-WAVE「MUSIC HYPER MARKET」初登場17…
  4. news

    ドラマー&パーカッショニストの為の「演奏能力アップ講座」
  5. カラダのレシピ

    動きを真似するのが上手なダンサーは上達が早い!@芸大ドラム授業より
PAGE TOP