ドラム&アレクサンダーテクニーク

左右均等に揃えるなら注意すること

どうもアレクサンダーテクニーク教師の山口裕介USKです。

「左右対称に!」
「左右のバランスをそろえる!」

よく耳にする言葉の1つだと思います。
どうしても利き手じゃない方が動きづらく器用じゃありませんよね。

音色をそろえる、粒立ちをそろえる、ドラムで表現したいことを広げるためには左右均等にする練習は大事です。

今回はその「左右差を減らさないといけない」「左右均等にすべき」という気持ちが強くなりすぎてしまった時の落とし穴についてです。

レッスンで生徒さんと一緒に見つけたことなので、許可をもらった上で書かせてもらってます。
(※以下、右手を利き手として書いていきます)

左右均等を目指す気持ちが強すぎた結果!

ドラマーとのレッスンで「手足の左右対称を目指しているので、それを見ていきたい」とのこと。

僕も左右対象を目指していた時があったので、気持ちはすごく分かります。それに左右対称にしようとする練習はけっこう好きでもあって、黙々と取り組んでる時はなぜだか楽しかった思い出があります。

しかし、このドラマーさんにとってはそこが落とし穴でもありました。

パッドで左右交互に「タカタカタカタカ」と叩いてくれました。

そこで僕が見えた動きは、

 

両手の動きをじーっと見続けることをされてました。

「じーっと見続けるのはどんな理由があるの?」

と聞いてみたところ、しっかりと左右対称にしたいから利き手である右手そっくりにしたいとのこと。だから両手が同じ振り幅になってるか?軌道が同じかなどじっくり見ていたそうです。

これに関しては別に悪いことはありません。ただ今回見えてきた動きでのぞき込むように両手を見ていた為か首が前に出ていて、胴体は丸くなっていました。

この記事でもお話しているように、頭の動きがカラダに影響するということです。頭の動きを止めようとすると首から下のカラダ全体の動きが制限されてしまうことになります。

参考記事↓
頭の動きが与えるカラダへの影響
ドラマーなら知っておきたいカラダのこと 「動きやすくなるコツ」

そういうことかもなと考えてると生徒さんから、

「ドラムセットで叩く時になるとまた左右差が出てしまうんですよね。それもどうにかしたいです。」

そこでドラムセットで実際に叩いてるのを見せてもらうと左右差が出てしまう理由となりそうな動きがハッキリ出てきました。

さっき、パッドだけで左右交互に叩いてもらった時と同じように両手をのぞき込むように首が前に出ていて、胴体は丸くすることが始まりました。
しかもさっきより、もっと首が前に出て身体を丸めてました。

普段ドラムセットで叩いてる時は特に起きないことだそうなので、ここから推測できるのは、「左右対象に揃えたいって思うと、身体は練習していた時と同じ反応をする!?」ということ。

となるとパッドで練習する時でも左右を揃える方法が他にもあったほうがいいと思い、次の事を試してみました。

左右対称は見た目でなく音で判断する

動きを同じようにする取り組みの新しいアイデアとして「音で判断する」です。

たしかに右手の動きをまねるのは参考になります。

ただ動きをまねようとしている時に、先ほどのように頭の動きを制限してしまうことで、カラダが無理な努力をしていないかには注意しておきたいですね。

ここでポイントなのが腕だけ左右均等にしよう!と部分的な行動をしようとすることで、意識が集中するあまりか他のカラダを固めて安定させようとします。

注意したい部分に対して、他は感じなくしたいので固めちゃうんですね。

もしかすると生徒さんは右手と左手だけのことを考えたかったので、首を固めて胴体を固定することで腕だけを感じられるようにしたかったのかもしれません。

腕の感覚を感じたいために、他の身体を固定して力んでいることで充実感が得られ感じられているように錯覚をします。

頑張った感じですね。
こうやって満足感を得ようとしたい時がよくあります。

部分に意識を持っていきすぎると動きは減り、視野も狭くなってしまいます。そうすると部分的な満足感を得ようとすることで感覚も部分的になり、腕以外の残りの身体を固めた上での評価になりがちです。

左右均等になっているかを感覚で評価することは正確に判断できないと思います。

そこで左右均等にする・バランスを揃えたい時は、

最終的に「音で判断すること」こと!!

出したい音が出ているかで判断してみてはどうか!?という提案です。

このアイデアでパッドのみで演奏してもらうと、左右の動きに意識する時よりもグッとばらつきが減って音色も良くなりました。

次にドラムセットで演奏してもらっても、首を前に出して丸くなる反応はほとんどなくなって納得いく演奏ができました。

ということ左右対象にする時は音で判断するのが得策か!?

必ずしもそうではないです。

考えていきたいのは、ノウハウじゃなくて自分が

今どういうことを考えているか?

その結果どんな動きになっているか?

それがこれからやろうとしていることに必要なのか?得策なのかな?

そうやって自分で情報を集めて、今に必要なアイデアを出していけるかがうまくいく為の道筋になると僕は思います。

ノウハウを知っても自分に合ってないやり方なのに、続けてもそもそもゴールへ向かっているかも分からなければ大変ですよね。

まずは普段なにげなく自分でやっていることに待ったをかけてみる。

簡単なシングルストロークでもどうやって取り組んでいるか?

その時は何を考えているのか?

どんな動きをしようとしているのか?

こうやって自分のことにもっと気を使ってあげること。

自分のことを知ることができれば、うまくいかない時期が来ても自分で乗り越えられます。

新しい難しそうなフレーズでも、順序立てて取り組めるので効率よく習得できます。

左右均等を目指すという目的があれば、どうやってそれに近づけるのかのプランを立ててから始めると効率アップで無理なく近づけられますね。

これをやらなきゃ!って時ほど注意して観察すれば突破口は見つかるものです!

USK

ピックアップ記事

  1. 「上手くやらなきゃ」は安定しない!前へ進む言葉を選ぶ
  2. 活動情報!カルメラ・天理「川原城地蔵尊夏祭り」&カルメラ合宿
  3. 緊張を増やしてしまう演奏の仕方
  4. 緊張のタネ探し「みんな頑張ってる」はホンマかいな!?
  5. 初めての譜面をさらうときはどうやってますか?

関連記事

  1. news

    TVでレッスンが流れました!

    こんにちは、USK です。カルメラが密着取…

  2. ドラム&アレクサンダーテクニーク

    MIKI DRUM FESTIVAL 2016!!

    MIKI DRUM FESTIVAL 2016にご招待いただいたのでご…

  3. ドラム&アレクサンダーテクニーク

    ライブ前のコーチングは効果抜群!

    どうも、USKです。先日なんばハッチで行われたカルメラのワンマ…

  4. news

    京都大作戦・ロットングラフティーのドラムトレーナーとして参加

    7月6日に2万人が集まるイベント、京都大作戦にロットングラフテ…

登録すると緊張冊子プレゼント!

USKメルマガ

プロミュージシャンの声

新いがっちょ 新たなしん 新ひろしくん

最近の記事

ARCHIVE

  1. 緊張を味方につける

    みんなが認める正解ではなく自分の正解を見つける
  2. ライブ活動

    ライブ日程
  3. 日記

    ホームページ公開のお知らせ
  4. カラダのレシピ

    頭を振るドラマー必見!カラダの誤解があるとパフォーマンスが落ちるので要注意!
  5. 緊張を味方につける

    ​「知ってる」はチャンスを減らす!緊張は普段の思考に隠れている
PAGE TOP