カラダのレシピ

腕の動き良くなると胴体までつながり、響きや音量がグンと良くなる!@PANよこしんとのレッスン

先日開催した第10回ドラムアレクサンダーテクニーク講座での、PANよこしんとのレッスンから1つご紹介します。

左腕のストロークについて

レッスンは「何を今日は聞いてみたいか、知りたいか」からスタートします。

よこしんが気になっているのが、左腕の振り方とのこと。

今でも充分に叩けているのは分かっていますが、理解を深めさらに向上したいわけです。

「チャドスミスみたい?」と聞くとちょうどdvdを見たとことだそうで意気投合!ライブが続くと腱鞘炎気味になるのも気になっている理由の1つでした。全国ツアーをするバンドにとっては、カラダへの負担は少なくしたいところですね。その取り組みの中の1つとして、左腕を振ることについて考えていくことにしました。

 

第1ステップ  情報集めして分析していく

今日の叩いてどんな感じか見せてもらう為に好きなように叩いてもらいました。

そこから見えたもので、2つ試してみれそうなアイデアが湧きました。

よこしんとしては、いつもに近い感じで叩けたけどやはりちょっと左手が気になるとのこと。

そこでスティックを構えた時の左腕の肩から肘までを考察。

 

 

スティックを構えた時、次のAとBどれに近いですか?

IMG_0263

A.肘は胴体より後ろにある

IMG_0265

B.肘は胴体真ん中 or 前よりある

 

セッティングやフレーズによって常に動き続けるドラマーにとって必ず腕はここ!というのはありません。

ですが、今回はリズムパターン叩いている時のスネアを叩く左腕にスポットを当てて考えてみました。

 

ではここで実験!!

1.写真Aのように肘を胴体よりも後ろにしてみて両手を振ってみます。

2.写真Bのように肘を胴体真ん中or前よりにして両手を振ってみます。

この実験は分かりやすいと思いますが、Bが動きやすいですよね。
写真Aのようにしていると、次の3つのことが起きやすくなります。

 

  1. 腕を振る前からすでに肩から肘までにかけて筋肉のスイッチがONになってしまいます。
  2. セッティングによっては、肘から先で腕を振ることになり肩や胴体は動きづらくなります。
  3. 左肘を過度に引いてしまうことで胴体にねじりも起きて腰の痛みや脚の動作にも影響します。

この日のよこしんから見えたものは、肘を胴体より後ろに引いて叩く【B】が多く見えました。

 

 

第3ステップ サポート&提案

提案1は写真Aバージョンで構えてからスタート。

※これはセッティングに影響が出るので、一気に変えることはオススメしないけど今回は実験でもあるので思い切ってやってもらいました。

すると、肩から肘にかけての動きが随分スムーズになって、腕全体が動き始めました。そして胴体の動きまでスムーズになるので、音の響きと音量が増えました。

 

この左肘を胴体より後ろに引いてしまう理由の1つとして、
「しっかり安定した音を出そう!」という気持ちが強い場合に起こるのかもしれません。
今回のように腕全体が動けるようになれば、胴体までつながりをもち音色に影響するのが分かりました。

 

レッスンでは叩き方や奏法を変えることはありません。

今うまくいかないことやもっと効率よくしたいことへの解決法として、
カラダが動きやすいように、本来のカラダの仕組みに協力できるようにしてあげること。

それには、カラダの仕組みを知ることも役に立つし、自分の考え方の癖やパターンを知るのも十分使えます。

 

提案2とサポート

そして2つ目の提案は、前にも紹介した頭の動きについて!

詳しくはこちら
【ドラマーなら知っておきたいカラダのこと 動きやすくなるコツ】

 

腕のことだけに意識をしてしまうと、全体性が薄くなっちゃって部分的になってしまうんです。

「腕どうなってる!!!????」とすごく集中してしまってると、音への意識や周りも見れなくなって視野が狭くなります。

そこで、腕の動きが分かってきたらあとは頭を動けるようにするため(過去記事参照)に、今回は音の飛んでいく方向を見ながら叩くことにしました。

 

そうすることで、腕だけに過集中することなくカラダ全体がバランス取り始めてさらに腕の動きがスムーズになりました。

ドラムを叩き始めたら、音や曲のこと・表現することを考えることが、結果的にカラダの動きやすさにつながっていくのがよく理解できるレッスンでした。

 

よこしんだけ遅刻せずに来てくれたのでたっぷり時間をかけられたのもありますね(笑)

そんなよこしんがTwitterにあげてた凝縮されたコメント!
「ありがとうございました! 楽しかったー!」

こちらこそ、2度目の参加ありがとう!!

 

 

 
よこしんがドラムを担当する、
PANオフィシャルホームページ→http://pan-sound.com

ピックアップ記事

  1. ラルフロールとアレクサンダーテクニークレッスンが実現!
  2. ストレスのある目標設定は緊張を生みやすくする
  3. 「やりすぎセンサー」正常ですか?休めない人は緊張しやすくなる!?
  4. 「ミスしても良いよ」のアドバイスではうまくいかんのです
  5. 不安がない方が怖い?安心したらダメと思ってないかチェック。

関連記事

  1. ドラム&アレクサンダーテクニーク

    第7回ドラマーのためのアレクサンダーテクニークレッスン

    本日は近況活動の報告です。ZEPPなんばで開催されているRED…

  2. カラダのレシピ

    頭を振るドラマー必見!カラダの誤解があるとパフォーマンスが落ちるので要注意!

    どうも、ドラム・アレクサンダーテクニーク教師の山口裕介 USKです。…

  3. カラダのレシピ

    椅子に座ると演奏しにくくなる。トランペット奏者とのレッスン

    どうも、 USKことユースケ・サンタゴリラです。つい最近のレッ…

  4. カラダのレシピ

    ドラマーなら知っておきたいカラダのこと 「動きやすくなるコツ」

    2015年度は山口裕介USKのドラム専門アレクサンダーテクニークの活動…

  5. カラダのレシピ

    眼の使い方で緊張は解消できる!知っておくと便利な2つの使い方

    どうも、山口裕介・ユースケサンタゴリラです。今日の緊張を味方につけ…

  6. ドラム&アレクサンダーテクニーク

    第10回ドラムアレクサンダーテクニーク講座!!

    第10回ドラムアレクサンダーテクニーク講座!!参加者は、DUFF : …

登録すると緊張冊子プレゼント!

USKメルマガ

プロミュージシャンの声

新いがっちょ 新たなしん 新ひろしくん

最近の記事

ARCHIVE

  1. 日記

    新しいコースを考案中
  2. 日記

    すべらないドラム話 Vol.2
  3. ミュージシャンの心構え

    本番前になると神経質になるあなたへ
  4. Q&Aコーナー

    フィルインになるとテンポが乱れる
  5. レッスン体験談

    【話題のドラムテクニック】楽にすぐにうまくなるドラムレッスン!!
PAGE TOP