緊張を味方につける

「緊張を味方につけるために知っておきたい7つのステップ」2時間集中講座

 「緊張を味方につけるために知っておきたい7つのステップ」特別講座

BODYCHANCE大阪で開催している講座はドラマー限定ではなく、ミュージシャンすべての方が対象のレッスンです。

とても嬉しい事に2月はすべて満員となりましたこの講座を4月以降も開催していきます。

 

続けていく中での発見や学びが僕にもあって、理解が深くなるにつれ伝える内容もシンプルになってきています。参加してくださった皆さんがとても真剣に「緊張」と向き合い、素直な気持ちや意見を伝えてくれたからこそ今があります。

 

レッスンでの変化や体験談を読ませてもらっていると、新しい1つの選択肢を持って帰っていただたようです。今後も、ステージに立つとあがってしまう・必要以上に緊張してしまう方に役に立てれば嬉しいなと思い、この講座を続けていくことにしました。

 

気持ちの面で緊張していなくても、カラダが思ったように動かない、力んでしまうという方!

それは「カラダが、あがっていて、緊張している」かもしれません。

僕も緊張しないって思ってたタイプですが、カラダが思ったように動かず思わぬ失敗をしてメンタルに影響することが多かったです。

 

気持ちから来る緊張、カラダから来る緊張を上手に味方につけて、ステージで練習してきた成果を出せるようにしましょう!

 

 

参加者の声

SAX 小笠原 渚さん

今日のレッスンの良かった点は、

  • 1人1人レッスンして頂けたこと
  • 色々な人の問題解決を見られたこと
  • 自分の悩みの改善策が発見できたこと
  • フレンドリーかつ親しみやすい雰囲気にして頂いたこと

 

トロンボーン 葛谷佐和さん

自分の中でもやもやしていた思考を聞いて頂き、新しく自分になかったプランを提供してもらえました。

色々と試してみようと思いました。ありがとうございました。

 

テューバ 鈴木良平さん

本読みでよく噛む・読み間違えるにしても、コンクールや大きな演奏会での緊張にしても、昔の失敗の記憶をずっと引きずっているのだと再認識しました。

さらに、今日の二次会での演奏もそうでしたが、目的がはっきりしてる時のパフォーマンスは、何だかうまくいくことも再確認しました。

だからこそ、コンクールをはじめ、緊張でうまくいかない演奏機会に関しては、そこで演奏する意義や望みを明確にもつ事が出来れば、もう少し違ったパフォーマンスが可能なんだろうなと思いました。

コンクールや大きな演奏会で、

“ノーミスで行こう”
“上手い、さすが良い音してると言われたい”
“音を外すとアカンから、多少音色を犠牲にしても安全策をとろう”

といった、見栄っ張りなマインドが優位に立ち、音楽そのものが蔑ろになってしまう事が多いとも感じています。

永年作り上げてきた視点・性格だから、これから先も、なかなか頑固な主張をしてくるだろうと思いますが、今日教えていただいた、

・演奏空間や聴衆を見渡して一緒に音楽を共有する

・○○して良いという問いかけをする

・事が起こった時も○○して良いと問いかける

・過去や未来に縛られるのではなく、“今この瞬間”にフォーカスする

このあたりから取り入れて、少しずつ選択肢を拡げていきたいと思います!

ありがとうございました!

 

ピアノ A・Rさん

マイナスなしゃべりかけには「うん」と言うだけで良い!ということ。

ネガティブな会話を続けないようにしたいと思います。

また頭の感覚や目線、それによって自分の体よりも音がどう変わったのかを気にしながら練習に取り組みたいです。

 

 

シンガー・作詞家 S-KEY-Aさん

今までやってきたことが思い出せてよかったです。

これからどういう風に練習していけばいいかわかってスッキリしました。

また月に1回は確認のために通いたいです。

 

 

バイオリン Hさん

・自分が正しいことを求めてこだわっていたこと

・音を出すための手段にこだわっていたこと

この2つがわかった。良い音・良い音楽をすることが目的ですね。

 

ギタリスト H・R

ギターを弾く時に、ギターしか見ていなかったことに気づいた。
前を向いて部屋に響かせようとアドバイスをもらい、それを心がけた途端に楽になりました。
今後も人前で演奏をする際の緊張をなくすことを取り組み続けたいです。

 

 

そもそも講座って「どんなことをしているのか?」

 

主に3つの段階に分けて進めていきます。
1.

前半は参加者のみんなで緊張をほぐす為のゲームから始まります。

どれだけ緊張していてもこれをすれば一気に気が緩んでしまいます。

不安や心配なく、このあとレッスンを受ける準備ができるようにしています。

 

2.

緊張する時に起こるカラダの症状や問題、つい考えてしまうココロの葛藤について話し合いました。

「カラダの症状はどんなの?」
「頭の中では何て言ってるの?」

こんな風にグループに分かれて話し合います。

けっこう「緊張した時あるある」な感じでワイワイと盛り上がります。

こうやって改めて考えて整理するだけでもヒントはあります。
まずステージ上や演奏中にはやめておいた方が良い考えを知ること!

そこまで来て、初めて新しいプランを用意します。

 

3.

1人1人に合ったマンツーマンレッスン。

歌を歌う、楽器を演奏を見せてもらいます。

そして、それぞれに合った必要なプランを伝えることで実践でも使えるようになります。

そのプランの参考例としては、僕のメルマガに登録した後に7日間届くステップに書いてます♪
よければ登録してくださいね。

 

【山口裕介の上達するためのアレクサンダーテクニーク】
http://bodychancemail.com/neo/usrctrl.php?pg=k%qr

 

 

目的をハッキリさせて、その場で必要な考えがうまく働くと自然とカラダも変わり、音の響きや伸びが豊かになります。

 

緊張のメカニズムを知り、緊張を味方にして

演奏が上手くいくための状態を自分で作れることを目指していく講座を開催いたします!

演奏に必要なことを1つずつクリアにしていけば、上達へつながります。

 

ステージでうまくいく実感がつかめると、

自信も湧いてくるし音楽が好きになってライブがもっと楽しくなりますね♪

 

講座概要

「緊張を味方につけるために知っておきたい7つのステップ」特別講座

「緊張を味方につけるために知っておきたい7つのステップ」冊子をプレゼント!!

 

日時:

4月4日(土)18:00−20:00

4月18日(土)18:00−20:00  満員御礼

5月24日(日)17:00−19:00 残り4名

料金:
5,000円

定員:
1講座6名限定

場所:

〒530-0015
大阪市北区中崎西1-8-24 アインズビル梅田901号→グーグルマップ

 

<参加対象>

プロ・アマ問わず、音楽を楽しみ歌や楽器を上達させたい方ならどなたでも大歓迎です。

 

お申込みは以下の申込フォームよりお願いいたします。

[contact-form-7 404 "Not Found"]
USKメルマガ

ピックアップ記事

  1. 「集中力がない?!」集中力の誤解を解く
  2. 「ちゃんと」せんでもベストは出せる!?
  3. 脳科学から緊張対策「幸せホルモンってほんま幸せ」
  4. 本番前になると神経質になるあなたへ
  5. 眼の使い方で緊張は解消できる!知っておくと便利な2つの使い方

関連記事

  1. ミュージシャンの心構え

    普段の行動が演奏に影響する!?緊張を減らしたいならやってほしいこと

    どうも、USKことユースケ・サンタゴリラです。ゴリラについては前回…

  2. 緊張を味方につける

    不安がない方が怖い?安心したらダメと思ってないかチェック。

    どうも、山口裕介 USKです。ライブするにも人前で何かスピーチ…

  3. 緊張を味方につける

    緊張を増やす原因「でもでも病」は危ない!

    どうも、 USKユースケサンタゴリラです。ある日のサックス奏者…

  4. ミュージシャンの心構え

    緊張緩和!居心地の良いコミュニケーションの取り方を考える

    <自分の居心地の良いコミュニケーションを考える>&…

  5. ミュージシャンの心構え

    これで安心!「でもでも病」の対処法

    どうも、山口裕介 USKユースケサンタゴリラです。もうタイトル…

  6. 緊張を味方につける

    【緊張サヨナラ作戦】お客さんの顔を見ると緊張する人のためのオススメプラン

    どうも、山口裕介USKサンタゴリラです。このブログはアレクサン…

登録すると緊張冊子プレゼント!

USKメルマガ

プロミュージシャンの声

新いがっちょ 新たなしん 新ひろしくん

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 脳科学から緊張対策「幸せホルモンってほんま幸せ」
  2. 最高の演奏をしたいなら緊張したほうがめっちゃお得な理由♪
  3. 緊張は味方!脳科学から見えてくる残念なお知らせ

ARCHIVE

  1. 緊張を味方につける

    緊張対策「根拠のない大丈夫」の方が意外とうまくいく
  2. ドラム&アレクサンダーテクニーク

    TV 出演!「歌え!昭和のベストテン2時間スペシャル」
  3. 緊張を味方につける

    緊張対策!自信を高める「考える練習」と2つの大事なポイント!
  4. news

    「遥かに腕が軽くなったように感じました!」レッスン体験談
  5. ライブ活動

    第4回にしきた音楽祭LALALAミュージシャンコンテスト’10
PAGE TOP