l_060

カラダのトリセツ

頭の動きが与えるカラダへの影響

 

 

 

前回に引き続き、頭や首あたりのお話です。

前回記事→ドラマーなら知っておきたいカラダのこと「動きやすくなるコツ」

 

前回お伝えしたゲームから、カラダを動きやすくするためには「頭を動けるようにしよう」ということでした。

では「そもそも頭はどこに乗っかってますか?」

簡単に言えば、背骨の一番上ですよね。

頭の底が、背骨の一番上に乗っています。

Palacz

骨だけだと前に落ちちゃうので、首まわりの筋肉がうまくバランス調整して頭を支えてくれてます。

この筋肉のサポートのおかげで、6kgくらいの頭でも「重いなー」なんて感じないわけですね。

すごく頼りになる分、首まわりは脳へ血液を送る血管や神経の通り道でもあるのでデリケートな部分です。

 

ちょっとここで思い浮かべてください。

電車でスマホをしている人が多いですが、頭はどうなっていますか?

職場でパソコンしている人の頭はどうでしょう?

けっこうこの重い頭を前に出したり、下を向いて頭を落としたりしてますよね。

これは良い悪いではなくて、

問題は長い時間、続けると首の筋肉は重い頭が前に落ちないようにめっちゃ頑張るし大変なんです!!

僕も海外ドラマ見てる時は、電車降りる時に首痛ってなることもm(_ _)m夢中になっちゃいますしね。

 

さてここであなたがドラムを叩いている時はどうか考えてみましょう。

  • 頭を前に突き出している?
  • 下を向きながら叩いてない?
  • 頭が動けなくなってない?

7ea76b27077d95d6e1d27d61d0ed6ef0_s

 

いつもしているわけではないと思います。

何か理由があったり、条件が変わった時に起きることが多いです。

 

どんな理由で前に出したり固めたりするんでしょう?考えてみると、

  • 速いフレーズが出てくるなと思った時?
  • いつも間違える箇所の直前
  • 譜面を見ているから
  • 間違えないようにしようと思うあまり、叩いてるところに釘付けになっている etc

などなど、色んな理由がありますよね。

 

それを考えた結果、僕たち人間は言葉によってカラダが反応し影響します。

頭を前に出し続けたり、無理に下を見続けたりすることで重い頭を支えるために首がすごく頑張ってしまいます。

首が頑張ると、動けなくなる・固まるなどが起こり、腕や脚も動きにくくなります。

前回のゲームのように頭の固定が始まるんですね。

頭の動きがカラダへ影響するのは思った以上にあるんですねー。

 

前回から考えてるのは、
「頭を動けるようにするとカラダも動きやすくなること」に着目してます。

 

そこでまずは、
ドラムを叩く時に頭の動きを止めてしまう瞬間を観察してください。

見つかればラッキー!

本当にその動きが、これからやる演奏に必要なのかなーって考えてみてください。
そこがハッキリするかこそ、
次に必要なことはどんなことか?を考えやすく見つけやすいものになります。

 

新しいプランを立てるために、カラダの仕組みを知り、自分の思考パターンを知ることで、より信頼できる方法が見つかります。

レッスンでは、ドラムを楽しみながら思ったように叩くために、自分では気づかなかった新しいプランや選択肢を増やすサポートをしています。

また頭・首・背骨の話に関連する筋肉や関節などカラダの構造についてもお届けします。

BODYCHANCE
アレクサンダーテクニーク教師
山口裕介 USK

【緊張を味方につける冊子をプレゼント!!】

メルマガにご登録いただくと<緊張を味方につけるための7つのステップ>のpdf版をプレゼント!
そしてプレゼントを受け取った後は、7日間「緊張を味方につけるためのヒント」が1つずつ届きます。緊張や不安をどう味方につけるかの選択肢を持っておくことで、本番を楽しむための協力なサポートになります。↓のバナーをクリックすると登録ページへ進みます。どんなメールが届くのかも書いてるのでぜひご覧ください。

USKメルマガ
USKメルマガ

ピックアップ記事

  1. ダメ出しをしながらの「ながら演奏」はおやめください。
  2. 「集中力がない?!」集中力の誤解を解く
  3. 初めての譜面をさらうときはどうやってますか?
  4. 1音目の不安とサヨナラ!「パフォーマンスの最大の敵は固定すること」
  5. ラルフロールとアレクサンダーテクニークレッスンが実現!

関連記事

  1. 逆深呼吸

    カラダのトリセツ

    緊張解消のための「逆・深呼吸」エクササイズ

    どうも、山口裕介ユースケサンタ・ゴリラです。今日は「呼吸」のお…

  2. スクリーンショット 2014-07-20 12.50.26

    カラダのトリセツ

    頭を振るドラマー必見!カラダの誤解があるとパフォーマンスが落ちるので要注意!

    どうも、ドラム・アレクサンダーテクニーク教師の山口裕介 USKです。…

  3. e55d3ce302baba77dfdc7c85ae6f9d8e_s

    Q&Aコーナー

    【Q&A】脚の動きが入るとカラダが不安定でフラフラする

    Facebookから質問受けたので私なりのアイデアをお伝えしました。…

  4. a1600_000183

    カラダのトリセツ

    動きを真似するのが上手なダンサーは上達が早い!@芸大ドラム授業より

    どうも、ドラムアレクサンダーテクニーク教師の山口裕介です。二年…

  5. カラダのトリセツ

    解決法を探す前に自分のパターンを知ることがスタート

    アメブロで書いていた記事をリニューアルして再アップ!ROTTENG…

  6. 384182e2a156d34a26a54a13a1d1460e_s

    カラダのトリセツ

    ドラマーなら知っておきたいカラダのこと 「動きやすくなるコツ」

    2015年度は山口裕介USKのドラム専門アレクサンダーテクニークの活動…

登録すると緊張冊子プレゼント!

USKメルマガ

プロミュージシャンの声

新いがっちょ 新たなしん 新ひろしくん

最近の記事

  1. yutaro
  2. eric-nopanen-208576
  3. liz99-321244
  4. allef-vinicius-108796
  5. 96d1709391b6525f3daef7ff426c1ecc_s

ピックアップ記事

  1. 緊張対策!ネガティブな思考ループから脱出する考え方
  2. <緊張対策>ほんまにソレやらなあかんの?
  3. 自信がないし緊張する!?自分を信頼するための大事な選択

ARCHIVE

  1. news

    ドラマーの為のボディシンキング入門編 第2回更新
  2. 日記

    TROPICAL NIGHT ID MUSIC RETURNS
  3. t02200266_0471057012070240568

    カラダのトリセツ

    腕が楽になる!姿勢も変わる!「肩甲骨を知ろう」〜第1回〜
  4. news

    新年のご挨拶
  5. UNI_400

    news

    11/10 カルメラワンマンライブ 〜千日前ユニバース〜
PAGE TOP