news

急がば回れ!脚が動きやすくなるために考えておきたいこと

ティンパニを4台使う時にスムーズに移動するためのレッスンからスタート。

 

・端から端へ移動する時に必要な軸回転の考え方

・座ってるときの股関節の使い方で、ペダルの踏み方が決まる

 

これについて少し説明してみます。

 

 

ペダルがうまく踏めないなーと思うことはありますよね?

 

・音量が思ったように出ない

・ダブルが踏みにくい

・ペダルの操作がしにくい

・単純にしっくりこない

 

この時に、足首を緩めようしたり、
屈伸してみたり、脚のお世話ばかりしてませんか?

 

もちろんペダルを踏むのは脚なんですけど、
その脚をうまく使うためにカラダ全体の動きを今回のレッスンでは第一に考えていきました。

 

イスにどのようなバランスで上半身の体重が乗っているのか?

その上半身は動けるようになっているのか?

頭は動けるようになっているのか?

 

このように徐々にいつも言ってるアレクサンダーテクニークプランにつなげていきます。

 

股関節がうまく働けるために、頭やカラダが動けることがとても大事です。

 

脚がうまくいかなーい!って思ってる時に、
ぜひ頭とカラダがどうなってるか観察してみてください。

 

例えば、脚の方をじっと見過ぎて、
頭が前に落ちて首が固まってたりしませんか??

 

私たちは知らない間に色んなことをしています。

 

ある意味必要だからこそやってるんですが、
今の演奏に必要ではないかもしれませんね。

 

今回のレッスンでも、ペダルと脚がというよりは、
頭とカラダを動けるようにしてあげることです。

 

そうすることで、
うまくバランスがとれて脚が上半身につられることなく動けるようになりました。

この辺りは、プロの方なので飲み込みも変化もさすがに早い!

 

もともと演奏はできてるけど、
さらに向上させるためにレッスン受けに来てくれました。

 

今やれることを具体的にすることで、
本番で調子良い状態を作りやすくなりますね。

 

ティンパニを前にレッスンしたのは初めてで、
どんなことを言ってくれるのか興味津々でした。

 

次回はマリンバ演奏時のレッスンになりそうです。

 

体験レッスン実施してますよ!

 

ぜひスタジオでお会いしましょう!

 

 

<体験レッスンスケジュール>

9月26日(金)19:00-20:30

9月27日(土)18:00-19:30

9月28日(日)19:00-20:30

 

10月スケジュールや申込ページはこちらになります。

 

 

ピックアップ記事

  1. 活動情報!カルメラ・天理「川原城地蔵尊夏祭り」&カルメラ合宿
  2. 緊張のタネ探し「みんな頑張ってる」はホンマかいな!?
  3. 緊張対策「根拠のない大丈夫」の方が意外とうまくいく
  4. 「ギュッと力むのをやめたい」それも必要だけど本来の目的が変わらないように注意!
  5. 1音目の不安とサヨナラ!「パフォーマンスの最大の敵は固定すること」

関連記事

  1. news

    MONKEY5と体験ワークショップのお知らせ!

    今回はドラム兼パーカッションで参加してるMONKEY5のライブのお話。…

  2. news

    ドラマーの為のボディシンキング入門編 第3回更新

    ドラマーの為のボディシンキング入門編 第3回更新しました。『ダイナ…

  3. news

    10/13 
≪音楽家向け入門講座≫ 演奏能力アップと不調脱出のための講座 ~体験談~

    10/13(土)にBODYCHANCE大阪スタジオで音楽家向けの講座を…

  4. news

    【ライブ活動】Calmeraシンガポール&岩手県での思い出

    どうも、山口裕介ことユースケサンタゴリラです。今日はただの思い…

  5. news

    意識を「今」に向けることによって集中力が高まりよりクリエイティブなマインドになれた@グッドモーニング…

    いま大人気のグッドモーニングアメリカのベーシストたなしんがレッスンを受…

  6. news

    11/10 カルメラワンマンライブ 〜千日前ユニバース〜

    11/10は千日前ユニバースでカルメラワンマンライブにパーカッションと…

登録すると緊張冊子プレゼント!

USKメルマガ

プロミュージシャンの声

新いがっちょ 新たなしん 新ひろしくん

最近の記事

ARCHIVE

  1. 緊張を味方につける

    「緊張して声が枯れないようにしたい」歌い始めに注目!
  2. ミュージシャンの心構え

    遅い曲になるとリズムがゆれてしまう「言葉の影響力を知ろう」
  3. 脳科学から考える

    脳科学から緊張対策「幸せホルモンってほんま幸せ」
  4. ミュージシャンの心構え

    「ちゃんと」せんでもベストは出せる!?
  5. 緊張を味方につける

    ダメ出しをしながらの「ながら演奏」はおやめください。
PAGE TOP