news

『カラダのレシピ』のご案内!

私のホームページにあるブログ、今読んでくださってるこのブログですね。

これはレッスン風景や普段の活動をお届けするブログになってます。

元々、アメブロで書き続けている『カラダのレシピ』という、アレクサンダーテクニークのことや、ドラマーや打楽器奏者のパフォーマンスアップの為に役立てそう内容を書いてます。

今、ブログで取り組んでるのはFMアレクサンダー氏の著書『自分の使い方』をかなり噛み砕いて書いてます。

難しい話多いから、できるだけ伝わりやすく取り組んでますので、興味ある方は読んでくださいね。

こちら↓
カラダのレシピ

それと、『カラダのレシピ』は打楽器の枠を超えて管楽器専門誌 「poco a poco」にも連載させてもらっています。

内容としては、

・カラダのイメージをできるだけ実際の大きさ、形にイメージに近づけること。

・余分な力みや緊張を減らして、本来ある楽さや自由さを楽しみながら演奏できること。

写真とゲームも付けてるので、わかりやすいと思います。

去年の11月から始めてまして、今は1月号が発行されています。

poco a pocoのホームページから電子書籍が読めるので、こちらもぜひ読んで欲しいです。

こちらへ↓
■poco a poco ホームページ
http://poco.otonoki.jp/

今後とも応援よろしくお願いします。

USK

USKメルマガ

ピックアップ記事

  1. 周りの評価が気になる!この思考パターンを静めよう
  2. 自信がないし緊張する!?自分を信頼するための大事な選択
  3. 不安からの情報集めは成長を遅らせてしまう。問題が増える前に考えてみてほしいこと
  4. 「集中力がない?!」集中力の誤解を解く
  5. 眼の使い方で緊張は解消できる!知っておくと便利な2つの使い方

関連記事

  1. 日記

    義援金の報告

    君彩りLOVERがチャリティーストリートライブの際に皆様からお預か…

  2. 日記

    モーラー奏法修行とスタンスパンクス

    どうも、USKです。いつもアメブロのブログばかり更新していて・…

  3. UNI_400

    news

    11/10 カルメラワンマンライブ 〜千日前ユニバース〜

    11/10は千日前ユニバースでカルメラワンマンライブにパーカッションと…

  4. SONY DSC

    news

    12/2 管楽器奏者のための演奏能力アップ講座 ~カラダのレシピ実践編~

    今年の締めくくりとして12月に新しい挑戦をします。2011年よ…

  5. 20141028-234638-768x1024

    ドラム&アレクサンダーテクニーク

    第7回ドラマーのためのアレクサンダーテクニークレッスン

    本日は近況活動の報告です。ZEPPなんばで開催されているRED…

  6. toukyou-s

    news

    12/1 
ドラマーのための演奏能力アップ講座 〜東京編〜

    12/1に東京でドラマー向けの講座を開催することが決定しました!!…

登録すると緊張冊子プレゼント!

USKメルマガ

プロミュージシャンの声

新いがっちょ 新たなしん 新ひろしくん

最近の記事

  1. yutaro
  2. eric-nopanen-208576
  3. liz99-321244
  4. allef-vinicius-108796
  5. 96d1709391b6525f3daef7ff426c1ecc_s

ピックアップ記事

  1. 緊張対策!ネガティブな思考ループから脱出する考え方
  2. <緊張対策>ほんまにソレやらなあかんの?
  3. 自信がないし緊張する!?自分を信頼するための大事な選択

ARCHIVE

  1. ライブ活動

    なまらにぽぽ at 北海道PENNY LANE24
  2. 0f37c3797b25f56cff9e0b054cf02080_s

    ミュージシャンの心構え

    初めての譜面をさらうときはどうやってますか?
  3. 日記

    7/29 関西テレビ【Mujack(ミュージャック)】に出演、そしてワンマンライ…
  4. 4905e86a8cea95e8008808aa7a75b05f_s

    ミュージシャンの心構え

    「やりすぎセンサー」正常ですか?休めない人は緊張しやすくなる!?
  5. 11779832_869754273102789_6103505400245138444_o-1024x492

    レッスン体験談

    「最後まで吹く意志をキープできた」吹奏楽部顧問の先生よりレッスンの感想
PAGE TOP